あなたにメンターはいますか?

 

IMG_4378

僕にはメンターが5名います。

昨日は東京にて1ヶ月ぶりにメンターと会い、

ランチを合わせて2時間ほど、いろいろな話をしました。

 

この方は、神楽坂でごくクラシックなテーラーを営む、モダンジェントルマン。

独自の哲学を持っておられ、常にジェントルマンとはどうあるべきか?
を指導してくださいます。

多くの経営者や各界で著名な方が顧客で、僕も友人を通して紹介してもらいました。

新潟をアテンドした時の記事 

http://edwardism3.blogspot.jp/2013/06/blog-post_12.html


 

メンターとは、簡単に言うと

「人生の転機で悩んだ時に的確なアドバイスをくれる人」のこと。

「人生を導く師」という意味です。

 

メンターとは、悩みがなくともできるだけ機会を作って
コミュニケーションを取ることを心がけています。


そして、自分が日頃感じていることや、
自分の体験などを積極的にシェアしています。

 

経営者にはメンターが必要だという話は、
本やセミナー等で聞いたことがあると思います。

 

後継者として会社に入って苦悩していたとき、いろんな本を読んだり、

成功した経営者がどのように成功していったかという

伝記のようなネット記事をたくさん読みました。

 

そこで、知ったのは、

ほとんどの経営者にメンターがいること。

その存在が経営者人生の中で、
とても重要だったと言っていることでした。

以前の私は悩みを相談したり、困っていることを人に話さずに、
自分で解決しようともがくだけで、あまり人に相談しませんでした。 

ただただ、がむしゃらに働いて、
前向きな気持ちでがんばっていれば解決すると思っていました。


しかし、成功している人にもメンターや、相談相手がいるのに、
若造な自分にいないのは問題だと思い、メンター探しが始まりました。


そして今のメンターと出会いました。

以前からお世話になっている人もいれば、
著名な作家などまだ会ったことのない人もいます。
(今はこの方には会えました!) 

 

ある人が言うには、
がむしゃらに努力したり、一生懸命に動いている時、

メンターが現れるのだそうです。

今は悩んだ時はできるだけメンターに会いに行き、

話を聞いてもらいます。

 

高い志とビジョンをもって、

オリジナリティあふれる魅力的な人生を送っているメンターと話しているだけで、

悩みを解決するアイデアや、
クリエイティブなアイデアがどんどん浮かんできます。

 

ただ同じ空間にいるだけで学びがあって、

メンターがいなければ、今の自分はないな~と思います。

 

あなたにはメンターがいますか?

あたなにとって、どんなメンターが理想的でしょうか?

 

ぜひ、じっくり考えてみてください。

 

ちなみに、メンターと良好な関係を構築したり、
継続したりするにはポイントがあります。


それは、受け身にならないこと
 

自分だけが受け取ってばかりでは、人は離れていきます。

 

自分からも与える、貢献する姿勢をもつ。

どんな小さなことでもいいのです。
そうじゃないと、フェアじゃないと思います。

 

ぜひ、いいメンターと出会ってほしいと思います。

メンターについては、また書きます。

Follow me!