優秀なビジネスパーソンが、コーチをつける3つの理由

72_large

プロスポーツ選手など、スポーツにおいては、必ずコーチがいます。

なぜ、ビジネスにおいて、コーチをつけている人が少ないのでしょうか?

 

少しコーチングについての一般的な知識についてご紹介したいと思います。

 

コーチングの定義】
頭では分かっているけど、行動が伴っていない。
頭での理解と、実際の行動の間にある溝を、
双方向のコミュニケーションによって埋めていく手法です。
 
コーチの認定組織であるICF(国際コーチ連盟)においては、
下記のように説明されています。
 
コーチングは、クライアントの生活と仕事における
可能性を最大限に発揮することを目指し、創造的で刺激的なプロセスを通じて、
クライアントに行動を起こさせるクライアントとの提携関係を指す。   

 

ここまでは本にも書いてありますし、多くのコーチのサイトにも書かれています。
ここで今日は特に、

 

優秀なビジネスパーソンが、コーチをつける3つの理由

 

ということで、簡単に3つにまとめましたので、お伝えします。

 

1,自分が無意識の中で作っている制限と向き合い、新しい行動を自分で選ぶため
2,新たな視点や、多面的な視点を持って、自分の考えを整理することができ、
  現状に向き合い変化を起こす
3,コーチはあなたの現状と目標をはっきりさせ、最高の状態を引き出す

 

この3つはとても重要な視点であり、コーチをつける方が意識するポイントです。

 

これを読んで頂いている後継者や2代目の方々は、会社を経営する上で、
多くの責任を背負っておられることでしょう。

 

皆さんには、秘めた思いや、心の内を話すことができる人が社内にいますか?
実は僕は、長い間いませんでした。
なかなか共有できずに、一人で考え込むことが多かったんです。

また、多面的な視点が自分には欠けていました。
なかなか自分の考えを整理することができなかったんです。 

 

コーチングと出会い、コーチをつけてから、
やっと心の内を話すことができる人に出会いました。

 

上の3つの理由と共に、実はもう一つ大きな理由があります。それは、
コーチングの聴くスキルを使った、
手放しで自分の話を聴いてくれる存在を持てるということ。

 

コーチは経営者仲間と違い、「自分はこうだったよ。だからこうした方がいいよ!」という
自分目線の成功体験からくるアドバイス一辺倒ではありません。
まず、私の話を親身に聞いてくれ、私が何を考えているか整理するきっかけをくれました。

 

経営者仲間との話も素晴らしく、新しい気づきを得たり、悩みを共有するには
とても重要な仲間です。

 

しかし、皆さんとても情熱的で、パワーに満ちあふれているので、
話し出すと止まりません(笑)
そして、けっこう人の話を聞かない人が多いですよね。
自分もそんな聴かない人になっている時がたまにあり、反省するときもあります(>_<)

 

皆さんには、自分の話を心を込めて聴いてくれる方はいますか?
心置きなく本音を話すことができたら、どんな気分になりますか?

 

続きはまた今度書きたいと思います!

(写真は今年の5月に訪れたシンガポール。知人に紹介して頂いたシンガポールで活躍しているビジネスマンとミーティングしたり、観光したり、楽しかったです!)

Follow me!