最近多いのは

現役バリバリの経営者や、
起業したての社長とのコーチングをする機会を持たせてもらっています。

どんなことをしているんですか?

と、聞かれることもありますので、

少しお話したいと思います。
現役バリバリの経営者や起業したての社長に関わらず、

皆さん、それぞれに何らかの課題を抱えている方が多いと思います。

僕の場合は、抱えていらっしゃる課題に焦点を当てて話すだけでなく、

強みと思いをお聞きします。
そこから、職場の人間関係や、部下や同僚に対する思いと
現状などをお聞きします。
私の役割は、「聞く」ということです。
そして、クライアント自身の内側にある思いを引き出すように、質問していきます。
私が感じたことを率直にフィードバックさせていただくこともあります。

クライアントが無意識に発している言葉や癖などを
フィードバックすることもあります。

基本的にはこのような流れでコーチングセッションを行います。

大体、ここまででほとんどの方は、今後自分がどうしていきたいのか、
ご自身で気づいて行動していきます。

その後、その方に、どんな変化があったのかを聞くのが一番の楽しみです!

 

最近コーチングをする中で、特に感じていることがあります。

それは、忙しくなると強みを見失ってパワーの漏れが生じ、
本来の力を発揮できない人が多いということです。

無意識に自分の型にはまってしまい、
身動きが取れなくなっている状況の方も大勢いらっしゃいます。
また外的環境に流されて、自分が本当にしたいことから
いつの間にか遠ざかってしまい、自分を見失っている方もいます。
これは、忙しさや日常に意識が集中しすぎて、
自分自身に、特に自分の感情に向き合えていないからということが多いです。
忙しいとき、厳しい状況の時、多くの方は、
行動で物事を変えようとします。
私もそうでした。
無理矢理に改善策を導入したり、
新しい事に取り組んでみたり、
一人で考え、周りの意見を聞くことなく、
自分の意見を無理矢理通す。
後ろを見ずに、ただ前へ突き進む。
行動がすべて。

 

社員や、他の役員などの主要メンバーに怒りをぶつけてしまい、
関係がぎくしゃくしてしまうことも多々ありました。
立ち止まったら終わりという意識で突っ走っている人は、
私と同じようなタイプだと思います。
中には、頭が真っ白になり、何も考えられない。
行動のアイデアも出ない人もいるかもしれません。
また、自分はもう駄目だ。どうしようもない、、、と、
落ち込んでしまう方もいるでしょう。
自分と向き合うことができていないと、
なかなか前に進むことができません。
本を読んだり、自分でもやれることはいろいろあります。
しかし、一人で解決しようとすると、
泥沼にはまってしまいがちです。
あなたは、誰かに思いを聞いてもらっていますか?
自分の思いや悩みは、自分だけのものではなく、
周りの人も同じようなことで悩んでいることが多いです。
まずは、身近な人に自分の心の内を、
話してみてはいかがでしょうか?
きっと、少し気持ちが楽になると思いますよ。

Follow me!