自分への質問を変える

写真 2013-09-07 6 30 39

自分を責めることが多いのは、

自分に肯定的なメッセージを伝えていないから。

 

2代目や、後継者の方は、
無意識に自分を責めている方が多いのではないかと感じています。
僕もそうでした。

 

年上の社員よりも上の役職につくほど、

 

「みんな自分のことは認めていないのではないか?」

 

そんなことを感じて、落ち込んでいました。
そして、認められようと頑張り、
できない自分を責めていました。

 

自分自身に問いかける質問。
普段みなさんは、
どんな質問を自分自身に投げかけていますか?

 

うまくいっているとき、
うまくいかないとき、
混乱して頭が真っ白になっているとき、
現状に怒りを抱いているとき、

 

その時の状態に対し、
何かしら自分への問いかけが
自然と出てくると思います。

 

これは無意識で出てくるものです。
特に苦境に立たされたときは、
自分自身へ問いかける質問の質が問われます。

 

これが肯定的な質問である場合、
物事をうまく進めるきっかけになります。

 

例えば、このように質問を変えてみる。

 

before 「また失敗してしまった。なんで俺はいつもこうなんだ。。。」

 

 

after 「この失敗から、どんなことを学べるだろう」

 

文章で書くと、簡単ですよね。
しかし、日常生活や、仕事の中では、
ついつい感情的になってしまいます。

感情に支配されて、無意識に反応してしまうので、
なかなかこうはいかないものです。

僕も最初はそうでした。

 

例えば、私がいつも自己嫌悪に陥いる時はこんな感じです。

 

品質管理を担当していた当時、
社員があまりにも単純なミスをして、
不具合連絡がくる。
「またミスです。何度ミスすれば気が済むんですか?
チェックはしてるんですか?」

このように、責めるような言葉が口をついて出てくる時。
言った後の何とも言えない不快感は、
いまだに忘れられません。

 

その後、自分に向かう質問を意識するようになりました。
急に状況が一変したわけではありませんが、
責めるだけだったところを、

 

「これは、自分がちゃんと指導していないからかも知れない。
次にこの社員が不具合を出さないために自分にできるサポートは何だろう?」

 

こんな風に考え方を変えてみました。
いきなり変えられるはずはなく、
イライラしたり、怒ったりは急にはなくなりません。
しかし、一度落ち着き、相手の立場も考えてから

 

「先ほど、こんな不具合連絡がありました。次に同じことがおこらないために、
どんな対策ができるでしょうか?一緒に考えませんか?」

 

こんな風に言えるようになりました。
自分への質問を変えて、
相手への問いかけも変えてみると、
社内品質は向上していきました。

 

実際、良く考えてみると、社員も不具合を出したいわけではなく、
作業工程が不具合の発生しやすいものだったということが何度もありました。
頭ごなしに怒って、今まで悪いことしたな〜と反省しています。

その後、社員も僕を怖がらなくなったのは、
とても嬉しかったです。

 

結果的には1年半で80%の品質改善を達成し、
高品質の状態は今も継続できています。
ここに至ったのは、副次的なものですが、大きな成果です!

 

最初は難しいと感じるかもしれませんが、
少しずつ挑戦してみて下さい。

今まで気付かなかったことに気付いたり、
周囲との関係も良くなります。

 

小学校で外国語を教えている妻にこの話をシェアしたところ、

 

それ、私が小学生に言ってることに似てるね〜。

 

なんて突っ込まれました。

 

大人になって、内容や人間関係は複雑になってはいますが、
小学生の頃と本質的なところは変わらないのではないかと感じます。

 

小学生の時は質問の質が云々などと悩まないけど、
大人になると悩むわけですね。

 

コーチングでは、どんな時にあなたが反応し、
感情的になるのかを一緒に見ていき、
客観的な視点からフィードバックさせて頂きます。 

 

僕もコーチとのセッションでここを多く扱い、
考え方や、
無意識に反応してしまう癖を改善し、
自分への質問を変えることができました。

 

あなたは普段、
自分にどんな質問をしていますか?

Follow me!