コーチングのスキル「聞く」

写真 2013-10-02 14 25 16


あなたは、人の話を聞くのは好きですか?

人は、人の話を素直に聞くということが
なかなかできません。


話を聞いている途中に、

アドバイスしたいな〜。
 
自分の考えを聞いてほしいな。

イデアが浮かんだ。伝えたい。

いろんな欲求が出てきて、
あなたは口を挟まずにはいられない。

 

相手の話を聞くことが重要な、
面談などの場面でも、
「聞く」ことに、
素直に集中できないのです。

 

でも、聞くことに集中すると、
相手からとても素晴らしい反応がかえってきます。
 
自分で行動指針を表明したり。
楽しいことを教えてくれたり。
幸せなエピソードを伝えてくれたり。
思いを情熱たっぷりに語ったり。

 

もし、ここで「僕はね、」なんて口を挟もうものなら、
多分相手は本当に言いたいこと、伝えたいことの
半分も話してはくれないでしょう。

 

「人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱烈に聞きなさい」
とは、デール・カーネギーの言葉です(『道をひらく』著者)

 

聞いてくれるという安心感があるから、
人は、言葉を紡ぐことができるんですね。
本当のことを話してくれるんですね。

例えば、男性が女性と話をするとき、
話の途中で、
ついつい口を挟んでしまいたくなります。

まどろっこしい話に、
イライラしてしまう時も正直あります。   

 

ある時、妻に言われました。

 

「あのね、女性はね、別に解決策が欲しくて
話しを聞いてほしいんじゃないの。
ただ聞いて、うなずいてくれてるだけでいいものなのよ。。。」

 

なにー!!!!
そ、そうなんですか??

人生最大の勘違いが、この言葉で溶けました。
有り難う妻。

 

そして、さよなら無頓着で、お節介な自分。

 

女性に限らず、
男性と話しているときも、
口を挟んだり、
アドバイスしたくなるときはあります。

無意識にしてしまっている時もあります。

 

でも、これに気付かされてから、
すごーく楽になって、
話を聞くことが楽しくなりました。

 

女性、男性に限らず、皆さん、話したいんですね。
自分のことを。

 

女性、男性に限らず、皆さん、聞いてもらいたいんですね、
自分の話を。

 

男性、女性、部下、子供、
どんな相手と話す時も、
聞くことに集中してみてください。

言葉が口をついて出そうになった時、
ぐっと我慢してみてください。

うなずきながら、相づちを打ちながら、
話に耳を傾けてみてください。

きっと、より深い話ができるようになり、
相手はあなたの言うことも、
素直に聞いてくれるようになるでしょう。

Follow me!