聞く力と質問力

IMG_5396

先日、パワフルな女性経営者の方と電話ミーティングの後、
近況について報告しあっていたところ、
これからの事業展開の話になり聞かせて頂きました。

素晴らしい展開のはずが、
電話越しの声に迷いが感じられ、
はっきりしない内容が多くなってきます。

あなたは、話している相手が、

「自分で何を話しているかわからなくなっている」

ように感じたことはありませんか?

例えば、話の焦点がばらばらだったり、
伝えたい思いがあるのはわかるが言葉になっていなかったり、
いきなり変な方向に脱線したり、、、。

これは

「天然キャラで、行動力があるタイプ」

の方に多いです。

細かいことは苦手だけど、
一度決めたら誰に何を言われようと突き進み、
気付いたら誰もができないことを成し遂げていた。

こんな方が周囲に一人はいるのではないでしょうか。

女性に限らず、男性にもこのタイプはけっこういます。

このタイプの方には、これまでの話の全体内容を意識しつつ、
相手に考えてもらうような質問や、
考えを整理する質問をしてみると相手に感謝されることがあります。

例えば、考えてもらう質問として、

・あなたがそれをしたら、どんなことが起きますか?
・何が、行動をストップさせているのですか?
・もし、何の制約もなかったとしたら、一番やりたいことは何ですか?
・その選択は、本当にあなたが望んでいることですか?

このように聞いてみます。
すると、徐々に考えが整理され、本音が出てきます。

普段、特に意識しない場合、
世間話で終わってしまうシチュエーションですが、
会話の中で気づきがあり、
気持ちが軽くなったと言ってもらえました。

気づきがあると、
声のトーンが上がり、
自分の内側の深いところからの言葉が出てきます。

短い時間の何気ない話でも、
真剣に聞くと、
自分の聞く能力も向上します。

聞く力と質問力は、共に伸びていくものです。

身近な部下、友人、家族、誰でもいいです。

話をただ聞き流したり、
当たり障りない返答をするだけでなく、
興味を持って聞く。

アドバイスするのではなく、
考えてもらう質問で問いかけてみる。

いままでと違った会話が始まります。

業務連絡が、
いつの間にかコーチングセッションのようになっていました。

最近のやりとりの中で、どんな質問が心に残っていますか?

 

Follow me!