選ばないということも選択

IMG_5471


ファブレスメーカーの専務K氏は、製品開発も順調。

次のステージに行くタイミングに際して、
コーチングをさせて頂くことになり、今日は最初のセッションでした。
 
注:ファブレスメーカーとは、
工場を所有せずに製造業としての活動を行う企業のこと。
 
選択がテーマで、
 
「これからどんな未来を選びたいのか?」
 
についてお聞きしました。
 
過去の選択を振りかえる場面もあり、K氏、しばし沈黙。
深く自分と向き合われていることが、
電話越しに感じられました。

 

 

「最近、自分の事について、こんなに深く考えることがなかったです」

 

 

仕事が忙しかったり、雑事に追われたりすると、
自分のことは二の次になってしまいがちです。
 
無理してでも自分と向き合ったり、
考える時間をつくらないと、
ただ流されるままに時間は過ぎていきます。
 

次回までのアクションが見えたところで、セッション終了。

海外での展開も視野に入れて動かれるとのこと。
これから、その選択の先にどんな未来が待っているのか!
とても楽しみです!

 
充実のセッションを終え、
ふと自分自身のことも考えてみました。
 
そこで思い出したのが、このWeb記事。
 
【ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5】
 
特にグサッときたのが、

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
 
誰かの意見に流されたり、
ほんとはあれをやりたかったのに、

勇気がなくてやらなかったり。

自分の心の声に蓋をして、
本当は選びたかったことを、
選ばなかったことはありませんか?

 
怖いけど、やってみることも選択。
怖いから、やらないのも選択。
 
選ばないということも、
選択していることになるんですね。

 

「自分は死ぬ間際に何を悩むかなぁ?」
と、考えてしまいました。
(いや、私は笑って死にますよ!(笑))

 

考えさせられる記事です。
ぜひ、読んでみてください。
 
このサイトの編集長は、大学時代の同期!
 
仕事もプライベートも全力でがんばる女性におくる、

とのことですので、女性の方は特におすすめです!

Follow me!