孤独な時間を作る

私は孤独な時間をとても大切にしています。
 
考えることは趣味でもあるので、
一人になる時間を意識的に作って、
黙々といろんな事を考えています。
 
家族、会社、将来、自分について、
やりたいこと、などなど。
 
大勢でいることはもちろん楽しいのですが、
自分と対話したり、
じっくりと自分に向き合っていくことは、
とても贅沢な時間だと感じています。
 
先日、ポッドキャストで、
執筆家・プロデューサーの四角大輔さんと
本田健さんの対談を聞いていました。
 
その対談が、すごくグッとくるものでした。

  • 孤独な時間をポジティブに持ってほしい
  • 若者はノイズにやられている。情報ノイズ、誰かの助言ノイズ、世間体ノイズ、メディアノイズで自分が空洞化している
  • 孤独な時間は、自分の心と向き合う時間。そのときにいろんなことに気付く

孤独を怖いと感じる人は、多いと思います。
 
ソーシャルメディアなどがあることで、
常に誰かと繫がるようになり、
本当に一人になる時間は
少なくなっているのではないでしょうか?
 
大勢の輪の中に入っていたり、
誰かといっしょにいたりすることは、
心地いいかもしれません。
そこから得られることもあります。
 
しかし、寂しさを紛らわすために、
どこかの場に参加したり、
誰かといっしょにいるのかもしれません。
 
もし孤独になることに恐れを抱いて、
人と繫がることに自分を見いだしているのだとしたら、
それは自分と向き合うことから
逃げていることになるのではないでしょうか?
 
孤独な時間は、自分との対話の時間。

  • 自分と対話しないで生きているのは、生きていると言えないといっても過言ではないようなもの

 

そう言われていましたが、
全くその通りだと思いました。
 
コーチングでは、自分との向き合い方を
テーマにすることもあります。
 
孤独な時間に、どんな言葉や質問を、
自分に向けていますか?

一人でじっくり考える時間を、
持っていますか? 

 
そのとき、あなたは、何を自分に聞いていますか?
 
僕自身、孤独を恐れずに、
自分だけの時間をもつことを
実践し続けて行きたいと感じた瞬間でした。

 

Follow me!