自分が本当にやりたいと思うビジョンを受け取る

写真 2014-02-09 11 57 55

先日、複数の店舗を経営する
ビジネスオーナーの方との、

エグゼクティブ・コーチングセッションでした。
経営はうまくいっていて、
時間的余裕もあり、
信頼できるスタッフもいる。

 

一見、何も問題はなさそう。

 

しかし、

 

・事業への強いコミットがなくなってきたと感じている
・自分のこれからのビジョンに疑問を持ち始めている

 

ということを、
課題として持っておられました。

 

ある段階まで事業が発展すると、
突き当たる一つの壁
といってもいいかもしれません。

 

ビジョンについて考えず、
気が向くまま、
勢いに任せて
事業を拡大させていくこともできたでしょう。

 

実際に、現在の事業に関連する分野での
新規出店や
新規サービスを展開するアイデアもあり、
しかも、今までの経験が
そのまま生きるので、十分展開可能。

 

事業の拡大は確実という見方ができます。

 

しかし、私は、

 

クライアントは本当にそれがやりたいのか?

 

と疑問を抱きました。

 

なぜなら、事業拡大のことを話すとき、
少し俯き加減で、声にも、

 

心の底からやりたい!

 

という強いエネルギーを感じなかったからです。

 

また、彼がプレコーチングで話していた思いと
かけ離れた選択のような気がしたからです。

 

そこで私は、

 

『5年後、今言った事業展開が全部叶っているとしたら、
そのときのあなたは心から幸せを感じていますか?』

 


と質問しました。

 

「ある程度幸せだと思いますが、
今のような”どこか満たされない気持ち”
変わらないような気がします。」

 

拡大し、売り上げをあげ、
名声を手に入れる。

”俺はすごいんだぜ”

ということを周りに知らしめたい。

そんな思いを抱いたことがある方も
多いのではないでしょうか。

 

しかし、名声と、心からの満足は違います。

 

ビジネスでとても成功しているのに、
いつも満たされていない方に
出会ったことはありませんか?

 

ビジネスは、

「自分の空虚感をうめる道具」

ではありません。

 

あなたは、自分がやりたいことではなく、
人がやりたいことが
あたかも自分のものであると受け取って、
周囲の期待に沿った選択していないでしょうか?

 

その選択は、

「あなたが心から望んでいるものでない」

場合があります。


その後、私はこのように質問しました。

 

「本当にやりたいことって、何なんでしょうね?」

 

コーチはビジョンから逸れそうなクライアントに、
本当にやりたいこと、
本当に進みたい道を、
客観的な視点に立って、
俯瞰して見つめてもらう質問をします。

 

 

その後、しばしの沈黙のあと、
クライアントから本心が出てきました。

 

 

「自分はまだまだという気持ちがあり、
本当の気持ちを押し殺してきました。
やはり、自分は・・・をやりたいんだなということがわかりました」
(申し訳ありませんが、・・・は非公開です)

 

という力強い言葉とともに、
次回までの具体的な行動も出てきました。

 

これは一つの例ではありますが、
このような流れでコーチングが展開していきます。
今後のクライアントの展望がとても楽しみです。

 

自分の現状を俯瞰し、
ビジョンに向き合いたい方に向けて、
コーチングをしています。

 

・自分が本当にやりたいと思うビジョンを受け取りたい方

 

 

は、ぜひご相談ください。

 

 

自分の内なる声と繫がることが、

行動を加速させるためにはとても重要です。

 

*****************************

 

***************************** 

Follow me!