『人の目の色が変わる瞬間を作っていきたい』

写真 2014-04-28 13 39 03

昨晩、将来は講演家、
コーチとして起業したいという
20代の若者とお話しました。

「人の目の色が変わる瞬間を作っていきたい」

というなんとも熱い情熱を持った若者で、
週末を使って朝活の場を主催したり、
セミナーを企画したりととても行動的。

 

僕と話した感想をメールで頂き、
うれしかったので、
抜粋にて掲載許可いただきました。

 

>>>>>>>
【某通信会社勤務、27歳男性 】
 
印象に残った言葉として、
「問いをたてる」という言葉がありました。

「問いがない所に答えはない」
「問いがなければ響かない」

それぞれの人が深いところで何を望んでいるのか、
その人がどう感じどう考えているのかと
真剣に向き合わないといけないということに気づきました。

だいたいの事は
過去に自分が経験した事がある感情ではないかと思うので、
まずは過去の自分を振り返り、
なにをした時、された時、感じたのか、
というところを振り返り学ぶ事からはじめてみます。

自分の「勘違い」に気づけた事もとても大きいです。
少し勉強して、少し周りの反応がよくなった事で
自分はできるようになったという勘違いをしていました。
一番危険な状態になっていました。

学びに限界はないと思いますし、
今後は謙虚な気持ちを忘れず取り組んでいきたいと思います。

 

「今の自分では満足ができない」といったような、
満ち足りていない部分からのエネルギーであれば、

必要以上に自分を責めたり、
必要以上に他人を責めたりという事に
陥ってしまうのではないかと思います。
 

僕は、まだこのような事で大きな失敗をした事がないので、
今度いくつも失敗をしていく事だろうと思います。
そんな時に、昨日の松本さんとのお話を思い出して、
自分自身を癒せる人間になりたいと思いました。

 

>>>>>>>

 

短時間の会話で、ここまで吸収するポテンシャルに圧巻。

 

自分と向き合いながら、
情熱の炎を絶やさずに頑張ってもらいたいです。

 

いやー、刺激的だった!

*****************************

 

***************************** 

Follow me!