自分の考えに枠がある事に気がついた

バガボンド、スラムダンク、リアルなどで有名な
漫画家の井上雄彦さんの、

ガウディ×井上雄彦

という特別展のイベントが開催されています。

先日、井上雄彦さんがインタビューで語られていた言葉に、
驚きとともに、ふつふつと熱い気持ちがわいてきました。

「自分の考えに枠がある事に気がついた」

井上さんでもそうなんだ!
そして、

「もっと自由な発想を持って活動していきたい」

と語っていました。
端から見れば、すごく自由な発想で、
独創的だと感じるけれど、
もっと先へ、
もっともっとと貪欲に自分の内側を探求し、
表現していくその姿にシビれました。

彼のような独創的な第一線のアーティストでもそうなんだから、

私達はもっと貪欲に挑戦し、
自分の枠、今までの自分とは全く違う角度での行動や選択が、
常に求められているんだということを改めて感じました。
Think out of the box!!
しかし、自分の考えに枠がある事にはなかなか気づけないものです。

コーチングの時間は、
今の自分の現在地を客観的に見つめ直すことで、

『自分がどんな枠に囚われているのか』
に気づくことに役立ちます。

忙しい日々のなかで
じっくりと自分と向き合う時間を作るには、

心の余裕が必要です。

そして、時間を取ると、

まずは決めることです。

実は自分自身と真正面から向き合うことは、

忙しい日常のなか、
多くの人ができていません。

なので、『行動』と『思考』と『感情』が

気付かないうちにズレてしまっています。

このズレに気づき、修正できると

大きなチャンスを掴むことができたり、
自然に自分の周囲の人間関係が変わり、
会社がうまくまわるようになります。

飛躍するためのキッカケは、

自分の内側にあります。
そして、枠を超えた行動が新しい現実を作ります。

コーチングでは、クライアントの具体的な経営課題に沿った
率直なフィードバックをさせて頂きます。

かなり厳しい事もお伝えしています。
私のコーチングで明確にできることは、

・あなたの現在地
・あなたが本当に大切にしたいこと
・行動できない理由
・人間関係の改善ポイント
・あなたが本当はやりたいこと
・今後の仕事の方向性、行動計画
・あなたの普段のコミュニケーションを見直す手がかり

このようなことに課題を感じている方は、

ぜひ一度、ご連絡ください。

追伸

写真は先日挑戦したバンジージャンプ。
恐怖を感じながらも、自分の枠を飛び越えていきましょう!!

*****************************

 

***************************** 

Follow me!