人生を企てる

写真 2014-09-19 15 44 27

昨日は所属している経営者勉強会の定期勉強会と、
フューチャーマッピングセッションのため上京しました。

今回お話を聞いたのは、

人とホスピタリティ研究所代表で

リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー日本支社長の
高野登さんです。

ほんとうに素晴らしいお話でした。

たくさんの講演会や勉強会に参加していますが、
今年一番、自分の深い部分に響いたお話でした。

いくつかの学びをシェアしたいと思います。

・ リッツ・カールトンはどういうところから学んでいるか?

自分たちで独自に築いたものはない。
何を学び、どう自分たちの文化に取り入れるのか。
TTP(てってい、てきに、パクる)。
しかし、物まねで終わらない。
 

びっくりするような事はされていないそうです。
しかし、基礎作りにとても時間をかけているとのことでした。

その時間はなんと250時間。
リーダーともなると300時間。

廊下でボスから問われる些細な質問が、
気づきにつながる。
(上司と部下の1分間コーチングに似ているなと感じました)

・あなたは誰から学ぶのか?

圧倒的な人間力のある人から学びなさい。
最初にどんな大人に出会うのかが重要。

・宿命と運命の話

宿命 → 自分のコントロールがきかないもの、どこに命が宿るか

運命 → ある程度、自分で考えたり、決めることができる

命をどう使うのかを考える。
自分は何がしたいんだ。何ができるんだと、
自分と向き合うことはとても大切なこと。

・人生について

人生の長さは変えられないが、幅は変えられる。
いくらでも広げられる。

人生に面積があるなら、どんな幅広人生にできるのか。
長さだけが人生ではない。

・「人生を企てる」

あなたは本気で、自分が納得できるように企てているか?
無駄に生きていないか。

自分の人生、堂々と遠慮無く企てていい。
本当に自分の命を燃やしているか?

・成長について

今日のあたりまえは、昨日の背伸び。
今の背伸びが、明日の自分を作っている。
自分のあたりまえのレベルを日々上げていく。

一言一言がとても深く、
心に響きました。

特に、最後の「人生を企てる」と「成長について」は、
すぐにでも実践できるものです。

しかし、多くの人ができていないことでもあります。

そして、実践しようとすると、
遠慮や恐れが出てきて
心にブレーキをかけてしまうからでもあります。

思いの蓋をはずすと、志になる。

そう高野さんはおっしゃっていいました。

写真 2014-09-19 15 44 27

(汚い字で申し訳ありません)

人は皆、

こうなりたい、あれをしたい

という思いがあります。

しかし、なかなか蓋が開かない、
蓋を動かそうとしない。

その蓋を外すことができるのは他でもない、
あなたです。

外したくないという気持ちもあるかもしれません。
タイミングがまだ来ていないと感じているのかもしれません。

しかし、人に与えられた時間は短い。
最後に問いかけられた、

「本当に自分の命を燃やしていますか?」

この言葉に、ドキッとしました。

2014年も残すところ3ヶ月と少し。
人生をワクワクしながら、企てたいですね。

*****************************

***************************** 

Follow me!