経営に携わる全ての人に読んでもらいたい後継者本

後継者だけでなく、

その奥さんにも、
サラリーマンの方にも読んでもらいたい。
もちろん創業経営者の方にも!

そんな本です。

「後継者という生き方」
牟田太陽 著

本書は、全国の中小企業のオーナー経営者から
絶大なる信頼を得ている
創業50年の老舗セミナー会社である、
日本経営合理化協会の後継者の牟田さん
によって書かれています。

今まで多くの後継者本を読んできましたが、
これが一番しっくりきました。

なぜしっくりきたのか?

それは、本書に、

私が考える「成功している後継者の要素」

について的確に書かれていたからです。

 

  • 実は親子の関係がうまくいっていないと、会社もうまくいっていない場合が多い
  • 社長と後継者の争いの9割は、コミュニケーション不足でおきる
  • 社内のトラブルの90%も、やはりコミュニケーション不足から起こっている


本書でも特に重要なこととして
多くのページを割いて紹介しています。

私自身がクライアントにお伝えする
メインメッセージの1つであり、
コーチングする際に
特に大切にしているポイントでもあります。

なぜなら、私がご相談を受ける悩みも、
コミュニケーションに関係している場合が
圧倒的に多いからです。

大切にしたいのは、
コミュニケーションと
相手との関係性
です。

ここが良好になれば、
事業承継もスムーズに進みやすくなります。

いやー、ほんとに良書です。
一気に読んでしまいました。

Amazonレビューも盛り上がっててすごい!

またこの本について触れていきたいと思います。

☆この本はamazonで購入頂けます↓

以前、星野リゾートの星野佳路さんの
ファミリービジネスマネジメントを紹介しました。
この本もとても学び多い本でした。

この本についての記事を書いたのも2月でした。
2月は後継者本月間なのでしょうか?(笑)

こちらもぜひ、
多くの方に手にとって頂きたい本です。

以前の記事はこちらから。

「継ぐべきか、継がざるべきか」

 

*****************************

***************************** 

Follow me!