仕事を任せる3つのステップ

小冊子を読んで頂いた方からの感想が届いています。 

 

人それぞれ響くところが違います。

真剣に読んで頂いていることが、
とても嬉しいです。

「仕事を任せる」

というところが刺さったという感想がありました。 

 
「完全に社員と競争してます」
 

実際、この状態の経営者は
とても多いと思います。

 

経営者だけでなく、
敏腕営業マンや凄腕の職人さんも
陥りやすいポイントです。

  • 自分が一番であり続けたい
  • 自分こそが一番うまくできる

 

この状態だとあなたは気分が良く、
儲かる、成果をだせるかもしれませんが、
果てしなく自分が主体的に動き続けなければいけません。
 

どんどん疲弊していきますが、
楽しいし、
社会的な評価も高いので、
疲弊していることに気づかないんです。
 
 
この裏には、 
 

「同時にこの仕事を任せたら一体自分は何をすればいいのだろうか?」
 

という、本質的な問いが湧いてきます。 
 

任せるということは経営者としてとても大切です。 

しかし、 

何のために、なぜ任せたいのか?

ここに向き合うこともとても大切ですし、
ここがはっきりすると、
意外とすんなり任せることができます。 
 

任せ方については、
また書いていきたいと思いますが、

シンプルに、

やることは3つあります。 
 

 

1つめは、自分のやっている仕事を書き出す。 

2つめは、一番簡単なものから任せる 

  
3つめは、任せたときに何を感じるか。
自分の感情をみつめて、クリアにしていく。
 

この3つです。 

3つのステップでもあります。

今後は、
また詳しく書いていきたいと思います。 


*****************************

*****************************    

  

  

Follow me!