1月 2014アーカイブ

出雲・広島の旅

1月11日〜13日まで、出雲・広島の旅に行ってきました。

目的は出雲大社、広島の平和公園訪問、
そして、広島の先輩経営者を訪ねるでした。

写真 2014-01-12 15 09 32

山陰にはあまり縁がありませんでしたが、
行ってみたらとてもいいところ!

そして、人が温かい。飯がうまい!
すごーく、いいところでした。

写真 2014-01-12 15 25 30

日本三景安芸の宮島
厳島神社

写真 2014-01-12 15 11 26

小高い山の上からの、絶景。

写真 2014-01-12 14 44 08

素晴らしい眺め。
瀬戸内海。
ここを清盛は通っていたんですね。
壮大な歴史の流れを感じました。

写真 2014-01-12 15 24 44

最後は株式会社インフィニティのみのえること田原実さんとの一枚。

中小・零細企業から東証一部上場企業までをクライアントにもつ、
経営コンサルタントにして、
『心を育てる』感動コミックというものを出版されています。

これがとても素晴らしい!!そして、わかりやすい!

特に沖縄教育出版さんは新潟の友人の会社も関わりがあるので、
とても興味深く読ませて頂きました。
お勧めです!!

2日間、大変お世話になりましたm(_ _)m

翌日は、海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)へ。
また改めて書きたいと思います。




 

リンポチェ師による「祝福と法話の会」に参加しました

写真 2014-01-15 21 20 12

チベット仏教の高僧 ザチョゼ・リンポチェ師による


「祝福と法話の会」

新潟市で開催されました。

この会は世界に散らばるチベット難民への
チャリティーも兼ねているとのこと。
以前から友人を通してリンポチェ師を知り、
興味を持っていたので参加してきました。
 

当日、会場は約90名ほどの参加者が詰めかけ、
急遽席を追加するほど。

しかし、リンポチェ師のお人柄が表れているのでしょうか。

その穏やかな雰囲気は、
以前訪れたインドのブッダガヤでの
ひとときを思い出させるものでした。
190CM程の大柄な方ですが、
話ぶりはとても静かで、
優しい雰囲気があり、同時に、
安心感を与えてくれるような温かさを感じました。
英語もすごくわかりやすく、
仏教用語を使わずにお話して下さったので、
つたないリスニング力の私も理解することができました。
(通訳はついています)
 

・自分自身の中にたくさんのことがあると言うことに気付く
・自分自身はたくさんのものを持っているということに気付く
・自分が恵まれていることに気付く
・小さな積み重ねが、大きな幸福に
・自分を助けることが、周囲を助けることにつながる
・自分に不満をつくらない
・自分を静かに保つ

などなど、急いでメモをとったので、
少し違う部分があるかもしれません。

メッセージの1つ1つが、
自分の内面に響いてくるものでした。
特に、

「自分を助けることが、周囲を助けることにつながる」

という部分が一番心に残りました。

 

私達は常に自分のことはさておき、
人のこと、自分の外のことに気がいきます。
自分をないがしろにして、
人のことに一生懸命になれることは
素晴らしいことだと思います。
しかし、それで自分が疲弊したり、
自分が傷ついたりしている人も多いのではないでしょうか?

お話を聞く中で、

「会社をどうにかしなければ!」

と会社の事ばかり考えていた自分を思い出しました。

以前の私は、まさに自分のことはさておき、
人のこと、自分の外のことばかり考えていました。

このままではいけないと焦りを常に感じていたし、
自分には何もないと思っていたし、
恵まれていないと卑下していました。

でも、コーチングを通して自分と向き合う中で、
これまでがむしゃらに頑張ってきた自分や、
今のあるがままの自分にOKがだせるようになりました。
 

「自分を幸せにできるのは、自分」

メンターにこう言われたことがありました。
 
 
もっと自分を大切にしていいんだ。
自分を大切にすることが、
周囲を大切にすることに繫がるんだ。
すごく気持ちが楽になって、
自身が持てるようになったし、
もっと自分を労ろう、
自分を信頼しようと思うことができました。
これからリンポチェ師の「祝福と法話の会」は、

1月17日(金)京都
1月18日(土)奈良
1月19日(日)岡山
1月20日(月)広島
1月21日(火)和歌山
1日22日(水)東京
1月23日(木)群馬
 

というようなスケジュールで進んでいくようです。

各県にとりまとめをしている有志の方がいらっしゃるようですので、
インターネット検索で情報収集して頂き、
興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
 

【ザチョゼ・リンポチェ師】

「リンポチェ」とはチベット密教ゲルク派の高僧の役称。
ザチョゼ・リンポチェは1968年インドに生まれる。
1984年にダルマ大師の6回目の転生者として、
ダライ・ラマ法王より東チベットに置いての最高僧として承認される。

チベットのテホー地方に13の僧院と1万人の僧侶を抱え、
ダライ・ラマ14世の70歳の誕生祝賀祭典の仕切りを
約200人のリンポチェの中より任命される栄誉を博す。
現在は米国アリゾナ・フェニックスで、
エマホ・ファウンデーションをベースに
西洋とチベット文化の融合にも尽力を尽くされている。
 
{Emaho Foundation http://www.emahofoundation.org/

自分と向き合う旅

写真-7

出雲、広島の旅を終え、雪降り積もる新潟に帰りました。
じっくりと自分と向き合うことが、今回の旅のテーマ。

思えば、昨年年初も自分と向き合う旅をし、
高知で龍馬先生にお会いしてきました。

優しき人々に導かれ、予期せぬ気づきを頂き、
神話時代の息吹に触れ、
友の繋がり、ありがたみが身にしみる。
平和を祈念し、10年前の自分と対話する。


これからどう生きるのか。

今回出てきたのが、
発信、海外、深める、作る、マンツーマン。

感性の赴くまま、今と向き合い、
一歩ずつ歩みを進めていきたいと思います。

旅の前日、3ヶ月目のクライアントとのコーチングセッションがありました。
プレコーチングの際には、かなりネガティブな発言が多く、
自分なんて、、、と、卑下していたのですが、
3ヶ月、苦しさを感じつつ自分と向き合ったクライアント。

先代やスタッフとの人間関係を見つめ、
具体的な行動をし、
どんな会社にしたいのか?
自分が大切にしたいことは何なのか?

じっくりとマンツーマンで深めていきました。

「海外との取引が動きだしそうですよ!」

ずっと模索していた道だった海外取引も、
見えてきたようです。

僕もクライアントを見習い、
もっと自分と向き合おうと刺激を頂きました。

明日、今週末も移動が続きます。

話は変わりますが、問題です。
この杓子に書かれた文字はなんと読むでしょうか?

今年のテーマの一つです!

改めまして、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

10年前の今日、何をしていましたか?

写真-6

今年はすごく重要な年になる!

と、いろんな人が言われているし、

いろんな人から直接言われているので、

年初に何を宣言するのかということに、
すごく時間をかけて向き合っています。

そんな中、10年前の自分って、
何してたかな??

ということを、思い出していました。

10年前、大学3年生でした。

国際協力を勉強していて、ボランティアでコソボにいきました。
コソボから帰国し、そろそろ冬休みという時期、
青春18切符で、広島と京都に行きました。

広島では「平和って何だろう?」とか、
京都で「日本文化って何だろう?」とか考えていました。 

コーチングをしている10年後なんて想像できなかったし、
経営者になっているとも考えてもみませんでした。

でも、20歳の時に考えていた

「30歳までの10年をどう生きるのか?」

という漠然とした指針だけは、外すことがありませんでした。

「この10年、世界に羽ばたき、情熱的に生きる!」

紆余曲折ありましたが、
この通りに生きれました。

漠然としたものでもいい。
宣言するということは、力があると実感しています。 

あなたはこれからの10年、どう過ごしますか?
年初にどんな宣言をしますか?

『永遠の0』

あけましておめでとうございます。
株式会社ONE PLANETを設立し、初めての年越しを迎えました。


あなたはどんな年末年始を過ごされましたか?


私は大晦日に『永遠の0』を見てきました。


話題になっている映画で、
470万部突破のベストセラーでもあります。


百田さんは、
「海賊と呼ばれた男」でも有名ですね。


あの時代、命をかけて守ってくれた
引き継いでくれたから、
今の日本があるんだなと、再確認しました。


先日の投稿で、身体を傷つけようとしたと書きました。


戦争があったあの時代と比べれば、
なんと小さなことで、
自分を苦しめてしまったのか。
苦しんでしまっていたのか。


自分のふがいなさに、腹が立ちました。


青年将校が特攻に出撃する前の気持ちに比べれば、
どんな嫌なことも、
ささいなことでしかないなと思います。


そして、あらためて、
自分の生まれてきた意味を、自分に問いかけました。


今年までに出会い、
刺激を受け、
繫がったすべての方達とはぐくまれたものを吸収し、
これから自分が何を発していくのか。


2014年は「表現する年」なのではないかと感じています。


ある方から


「君は、どんな愛を表現して生きるの?」


と問われました。


グサッと心に響いてくる言葉でした。


その言葉を、この映画を通して、
また自分に問いかけられたように思います。

あなたは今年、どんな一年にしますか?

そして、

事業を通して、
人生を通して、

どんなことを表現しますか?

ぜひ考えてみてください。