8月 2014アーカイブ

会社に入ると決めたとき、メンターに言われたこと

会社に入ると決めた時、
私は父が入院する東京の某病院の病室に呼び出されました。
東京が一望できる最上階の病室。
そこには、父と父の親友である大経営者と私の3人がいました。
そして、その方は、私のメンターでもあります。
この方が、父の会社に入ると決めた私に、
はなむけの言葉として教えてくれたことがあります。
それは、
「知らないことは素直に聞け。絶対に知っているふりはするな」
ということでした。
当時は何を言っているのか、
あまり理解できませんでした。
しかし、会社に入り、3ヶ月、6ヶ月、1年と
時間が経過していき、
多くの人とビジネスの世界で交わる今、
その言葉がいかに重要かということを実感しています。
その裏にあったこと、伝えたかったことは、
『謙虚さを忘れるな』
という事だったのです。
そして、あの言葉は、事業家、経営者として、
最重要なスタンス、スキル、心がけだと
確信するに至りました。

お盆期間に読んだ

「私は、こんな人になら、金を出す!」
村口和孝著

でも、メンターが私に教えてくれた事が、
そのまま載っていました。

無知より恐ろしいことはない。
事業を成功に導くことができる人は必ず、自分をごまかそうとしない、正直な人だと言える。
その場を取り繕う、知ったかぶりやごまかしは、あっという間に時間を無駄にし、
時代に取り残されていってしまいます。
「私は、こんな人になら、金を出す!」村口和孝著より
 
これからも初心忘れることなく、
見栄をはらずに、
あるがままの自分で進んでいきたいと再確認できました。
この本はとてもオススメです。

特に第二章の、

「私はこんな人になら金を出す」

は、2代目や経営者の方、
これから起業しようと思っている人には

必見の内容です。
DeNAやインフォテリアなど
いくつものベンチャー企業に創業資金を出資し、
独立系ベンチャーキャピタリストとしては、
日本では類を見ない実績を収めている著者からみる、

「この人になら投資をしたいと考える経営者の特徴」

は、自分自身の経営者としての現在地を確認し、

自身を律するためにもとても学びになると思います。

ぜひ、読んで見てください。

 

 

*****************************

 

***************************** 

恐さを感じるけど、やってみたいこと

以前から

 

『恐さを感じるけど、やってみたいこと』

 

がありました。

 

それは、社員全員へ本のプレゼントを贈ること。

 

大人になると、人からプレゼントをもらう機会は少なくなります。

 

でも、ちょっとしたものでも、
もらうと嬉しい気持ちになりますよね。

 

全く予期せぬことなら尚更。

 

なので、日頃の感謝を込め、
自分がもらって嬉しかった本をプレゼントしました。

 

なんて感じるのかな?
重くないかな?
捨てられたらどうしよう。
嫌がられたらどうしよう。。。

 

なんて、恐い気持ちもかなり感じました。

 

でも、自分がしてもらって嬉しかったことは、
自分の周囲にもやってみようと思い、
思い切って挑戦しました。

 

すると、以外にみんな喜んでくれました。

 

「なんか嬉しいんですけど〜」

 

なんて、言葉ももらい、
朝から幸せを感じました(^^)/

 

やって良かった!!

 

あなたにも、

 

恐いけどやってみたいこと。

 

考えるとワクワクするけど、
実際にやるのに抵抗があること

 

はありませんか?

 

今がよければ、変える必要もありませんし、
恐さを感じることにトライする必要もないでしょう。
誰かから強制されているわけでもありません。

 

別にバンジージャンプを飛ぶ必要もないわけです。

 

でも、それじゃ、面白くない。
愉しくない。

 

人生は愉しむためにある

 

という視点から考えると、

 

ちょっと恐いけど、
それをしている自分を想像するとワクワクすること。

 

小さなものから、大きなものまで、
人それぞれにあると思います。

 

そんな挑戦が日常に増えてくると、
人生をもっと自由に、
愉しめるようになります。

 

あなたにとって、

 

ちょっと恐いけど、
それをしている自分を想像するとワクワクすること

 

は何でしょうか?

 

追伸

ちょっと恐いけど、
それをしている自分を想像するとワクワクすること

あれも、これも、
まだまだいっぱいあるな〜。

*****************************

 

*****************************