6月 2015アーカイブ

人間関係について学ぶ場がない

IMG_20150625_183250

人間関係のマトリックス・スタディーグループを
満員御礼にて開催しました。

このセミナーでは、音声教材を使って

人間関係のパターンやタイプを学んだり

日常やビジネスでの人間関係を振り返ったりしながら、

幸せで豊かな人間関係を築くコツを

お伝えしています。

・本は読んだけど、もっと知ってみたくて参加しました。人によって同じタイプでも行動が様々なのでおもしろいと思った。極端な人を苦手と感じることがすくなくなると思います。

ーーM.Sさん(女性)

・人間関係について学ぶ事があまりないと感じたため参加しました。他の方の考え方に触れる事ができたのが面白かった。あと1時間くらい長くてもいいかも。

ーーH.Nさん(神奈川・男性)

・職場、家庭の人間関係を改善したいと思ったために参加しました。人に応じてバランスをとろうとすることができるのではと思います。今日はたくさんシェアもできて、学びが深まりました。

ーーA.Sさん(埼玉・男性)

・・人間関係が今後大切だと思ったから参加しました。4つの状態があり、自分の中で場面場面で変わっていくことがおもしろいと思った。自分と相手が逆の関係にあるということが深いと思った。妻に対して逆の対応をしようと思っていた。それに気づけてよかった。

ーー M.Wさん(男性)

・再度この時点で復習しようと思い参加しました。もう少し中立を職場で心がけようと思った。職場が明るくなくかもしれません。

ーーT.Tさん(神奈川・男性)

・色々なタイプの人を理解するために参加しました。自分がポジティブ自立で、ネガがいやな事が学べました。

ーーR.Eさん(男性)

という感想をいただきました。

皆さん、ありがとうございました!

 

DSC00227

終電間際までのネパール料理での懇親会も盛り上がり、

参加された皆さんの新しい出会いもできて、

そんな場となったこともよかったのではないかと思います。

今回も前回同様、

もっと深く話をしたかった

というご意見があったので、
今後は1DAY講座の企画などで
対応していきたいと思います。

次回はまだ予定が立っていませんが、

順次アップしたいと思います。

いや~、楽しかった(^^)

人間関係のマトリックス・スタディーグループに
興味があるという方は、
こちらのサイトに開催スケジュールがありますので、
チェックしてみてくださいね。

【人間関係のマトリックス・スタディーグループ】

https://www.aiueoffice.com/mf/

 

*****************************

 

《Facebookページやってます》
https://www.facebook.com/1planet.coaching 

 

*****************************    

自分の魅力を知るヒント

今日は、最近オススメの本を
ご紹介したいと思います。

「あなたはどう見られているのか」

自分の魅力がわかる、無料WEBテスト付きで、

ものの数分で結果がでます。
(テストは英語ですが、それほど難しくないです。
本は日本語です)

ストレングスファインダーやウエルスダイナミクス、
適正分析など、自分を知るためのツールはたくさんありますし、
僕もいくつもやっていますが、
これは簡単な質問に答えて、
自分のブランド構築の秘訣や差別化のヒントを
すぐに得ることができます。

 

僕は第1アドバンテージが「威信」、

第2アドバンテージが「情熱」の

「目利き(洞察力がある、卓越している、事情通)」

が自分のアーキタイプでした。

このアーキタイプを5つの形容詞で表すと、
以下のようになるそうです。

1.洞察力がある

2.卓越している

3.事情通

4.評価されている

5.好感度が高い

自分のタイプを知ることで、
働き方や他人との差別化のヒントを得ることができると思います。

面白くて参考になったので、熟読しています。

キャリア構築や自分の才能、

魅力についてヒントがたくさん書かれていますので、
ピンときた方は、ぜひチェックしてみて下さい。

*****************************

***************************** 

失敗のとらえ方(MLBの教え)

先日、青年海外協力隊のOBである友人の帰国報告会を聞きました。

その際に、
ドミニカ共和国にあるロサンゼルス・ドジャース(Major League Baseball:MLB)
のアカデミーで25年間若手選手を指導されている方を招いての
中南米野球研修会の話が
人に指導する上で、とても参考になったので、
シェアしたいと思います。(友人の承諾済みです)
野球は失敗するスポーツ
研修会で育成監督が語られた話で、
「野球は失敗するスポーツ。選手が失敗を恐れずに
モチベーションを持ってチャレンジし続けるかが大切。
と言われたそうです。
失敗は、何にでもつきものです。
しかし、日本では、
失敗することをネガティブに扱いすぎていると思います。
また、
失敗に対し、感情的に叱ったり、
罵倒したりということが目につきます。
(僕もたまにやってしまいます(苦笑))
この育成監督が失敗したときにかける言葉が、
とても印象的でした。
「きみの挑戦。僕は好きだよ」
監督として重要なことは、
選手が次の日、もう一度グランドに来たいと思わせること、それだけだよ。
と言っていたそうです。
こんな温かい関わりが、

才能をひらくきっかけになるのかもしれませんね。

失敗をネガティブに捉えすぎるのではなく、
失敗してもOK。

だけど、失敗を繰り返さない仕組みを
一緒に考える。

 

再起不能にならない程度の失敗はしてもいいから、
どんどん挑戦させる。

これは、 ビジネスでも使える考えですし、
成果を上げている会社では、
この仕組みがあるところが多いように感じます。

 

これくらいどーんと構えた
指導者、リーダーになりたいものですね。

参考になると嬉しいです。

*************************

《Facebookページはこちらから》
https://www.facebook.com/1planet.coaching 

 

*************************