カテゴリー
未分類

人生に必要なものを学んだ、ヨルダンでの出会い

人が認知できる世界なんて、

たかがしれている。

そんなことを教えてくれた、

かけがえのない体験。

IMG_1048

この写真をみた誰もが、

この中のどこかで、

ひたすら柔道に励み、

汗を流す若者達が存在するなんて、

想像できないと思う。

僕自身もそうだった。

ヨルダン南部の田舎町に、

新興の柔道クラブがある。

そんなウワサを聞いたのは、

赴任して3、4週間たった頃。

そろそろ所属先に配属されるというタイミング。

どんな活動ができるのかを模索しながら、

赴任先に顔を出して、

ヨルダンの柔道事情を調査していた。

そんな時に仕入れた情報だ。

赴任後すぐに、

この新興クラブを訪問するチャンスを得た。

まだアラビア語もままならない、

初めての一人旅。

首都から乗り合いバスに揺られること約4時間。

sikai

 

車窓から見える景色は、

緑は消え、

見渡す限りの土漠。

家もまばら。

IMG_1034

 

いくつかの丘と谷をこえ、

見慣れない景色の先に、

町が見えてきた。

迎えに来てくれたのは、

その後の活動を支えてくれるパートナーとなる

スレイマン先生。

僕のアラブ、イスラムに対する

浅はかな考えを根底から覆してくれた、

兄弟のような存在となる人だ。
 
 

IMG_2386

 

僕を見つけた時の、

彼の満面の笑みは、

一生忘れることはないだろう。

固い握手。

お互いの頬を重ね合わせるアラブ独特の挨拶。

歓迎してくれていることがわかって、

一安心した。

なんでも、彼も数年前まで

ナショナルチームの選手で、

日本にも選手としてきたことがあるとのことだった。

引退し、故郷で柔道クラブを立ち上げたのだそうだ。

彼のお世辞にも快適とは言えない運転に揺られ、

目的地の柔道場に向かう。

ただでさえ、

見たことのないような田舎の風景なのに、

どんどん家が少なくなっていく。

次第に渓谷が見えてきた。

しかも、日も暮れ始めてきている。

 

DSC_0949

 

俺はもしかして、

やばいところに来てしまったのかもしれない・・・。

このまま変なところに連れて行かれたらどうしよう。

気弱にならなかったと言ったら嘘になる。

ちょっと、
いや、 か な り 不安だった。

そんな感情とは関係なく、車は進む。

町のような、集落のような、

一帯に入った。

そして、車は止まる。

東の果てからきた僕にとって、

あまりに辺鄙で、

アラブの片隅としか思えないような場所。

近くの建物から、

「いち、にー、さん、しー」

片言の日本語とともに、

どすん、どすんと

鈍く聞き慣れた音が聞こえてきた。

なんだろう、この音は!?

耳を疑った。

言われるままに後についていき、

声のした建物の中に入ると、

その光景に、
ただ驚くしかなかった。

くすんだ色の柔道着に身を包んだ少年達が

僕の到着と同時に、

狭い室内に整列した。

そして、

「せんせいに、れい!」

僕に向かって頭をさげ、挨拶をしてくれた。

その挨拶のすぐ後、

彼らは準備体操に戻った。

あの瞬間に感じた気持ちを、

言葉に表すことはとうてい不可能だ。

 

練習後選手たちと

 

衝撃だった。

にわかには信じられない光景。

柔道は、こんなアラブの片隅にも
息づいていた。

世界は広い。

しかし、狭くもあるのかもしれない。

日本で生まれた柔道が、
海を越え、
多くの志ある先輩の手によって、
このヨルダンに伝えられ、
そして、その教え子が、
自らの故郷で発展させている。

時を超えた、
志のリレー。

体験を伴った学びしか、
心には残らない。

今日も、今この瞬間にも、
僕らが見たことも、
聞いたこともないどこかの地で、

日本で生まれた柔道が、
誰かによって伝えられ、

そこで汗を流す人々がいる。

そう考えると、
僕たちは、

時間を超え、
距離を超え、

何かを介して、
同じ価値観を共有できるのかもしれないと
思えなくはないだろうか?

衝撃的な出会いの後、
柔道着に着替えて、

彼らと汗をかいた。

お世辞にもうまいとは言えない。

しかし、はじめてみる
自分よりも体の大きな東洋人に、
ひるまず立ち向かってくる姿勢は、
清々しかった。

違いを超える為に、
言葉は必要ないのかもしれない。

共有できる何かがあれば、
そこに言葉はいらない。

この経験から学んだことは、

自分の認知していること、
見えていることが全てではないということだ。

知りもしない、
想像もできない世界が、
まだ広がっている。

その扉を開くのは、

感性と好奇心だと思う。

そして、その感性と好奇心に従って行動する、

ちょっとした勇気。

現在は道場がリニューアルされ、
教え子も指導に加わっているようだ。

自分が去った後も、
発展していることが何より嬉しい。

IMG_1081

(2012年訪問時に撮影)
ちなみに、中央に筆者がいます。
見つけられますか?

 

カテゴリー
未分類

ヨルダンで教えてもらった、家族の大切さ、そしてパリ同時多発テロに思うところ

世界を舞台に
ダイナミックに生きる人生を夢見ていた。

世間を知らない10代後半の若者には、
夢なんて、
これくらい漠然としたものでいいんじゃないかと思う。

漠然としていたが、本気だった。

15歳で家を出て、
自分と向き合いながら、
人生をどう生きようか、
ずっと考えてきた。

父の影響は大きい。

尊敬していた父を
超えたかった。

超えるには、漠然とだが、
日本では無理だと思った。

だから、

世界を舞台にして生きる人生に、
自分の未来を見いだしていた。

思いがけない出会い、
素晴らしい導き、
自分で切り開いたチャンス。

全ては、

世界を舞台に生きる人生

のロードマップにある
用意され、予定されていた出来事のように、
自然に道が開いていき、
必要なものは全て準備されているように感じられた。

しかし、それは一旦保留になった。

なぜ、保留なのか。

それは、僕にとっては、
ある日突然突きつけられた、
父の死。
そこから生まれた、

理不尽な選択肢。

 

夢をいったん脇に置いて、

実家に帰り後継者の道を選んだ。

うまくいきそうだったのに、なぜ。

理不尽に感じた。

 

でも、なぜ理不尽を選んだのか、
いや、選ばざるをえなかったのか。
受け入れたのか。

 

それは、
青年海外協力隊員として赴任したヨルダンで
家族の大切さを教えてもらったから。

 

これが大きな理由だ。
一人、東の果てからきた僕を、
まるで自分の兄弟のように、
家族のように温かく迎えてくれた人達がいる。

 

同僚、同僚の友人、大家さんの家族、
近隣住民。

 

みんな、本当の家族のように迎えてくれた。

 

IMG_4188

 

人生は、心が動かなければ変わらない。

 

どんなに、すごい教えを授けられたって、
心が動かなければ、
その教えも、
ただの
過ぎ去る風と同じ。
僕は、ヨルダンで出会った人々に、
イスラム教を信じる人々に、
心が動かされた。
何が大切なのか、
ということを教えられた。
一番大切なもの、
それは、家族だ。
だから、家族のために、
人生を使ってみようと考え、
心の中では理不尽と思いつつも、
選択した。

 

しかし、一度そう心を決めたが、
迷いはふっきれたわけではない。

24歳のあのころ。

本心では、絶望していた。
俺の今回の人生は、
ここで終わるんだと思った。
夢見た、
世界を舞台に生きる人生を、
その夢は保留ではなく、
終わりを告げなければいけないと思った。

 

もう、一生、
思うようには生きれない。
故郷の町で、
静かに生きていかなければいけない。
今思えば、
なんと視野の狭い考えしか持ち合わせていなかったのかと思うし、
大げさに聞こえるかもしれないが、
あのころの自分には、
目の前に広がる光景は暗闇でしかなかった。
その暗闇の中から、
できるだけ明るい一面を、
一筋の光明を、
一抹の希望を、
抱こうと自分を自分で勇気づけずに、
自分を律しなければ、
生きていけなかった。

 

誰にもいえなかった。
言える環境はない。
人生の目前に広がる暗闇。
もしかしたら、
あのころの自分と同じような暗闇を体験しているのが、
静かに、慎ましく生きてきた
フランスに住むイスラム教徒かもしれない。
以前、妻と訪れたパリで
宿泊したホテル。
そのレストランで働くのはアルジェリア系のフランス人。
アラビア語が聞こえてきたので、
アラビア語で話しかけてみた。

 

なぜ、ここで働いているのか、
次はベルギーに行くが、
どこが見所か。
いろいろ教えてもらった。
彼らは今、どんな気持ちで、
どこで暮らしているか。
もしかしたら、もう、
あのホテルでは働いていないかもしれない。
今、イスラムと名乗る、
イスラムではない考えをもった集団による衝撃が、
世界に広がっている。

 

当時、ヨルダンで、
同僚の家で団らんしながら、
テレビに映るアルカイダについての
アルジャジーラの報道を見ながら、
同僚が語ってくれたことは、
「あれは(アルカイダのやっていること)は、
イスラムの教えにない。イスラムを誤解しないでほしい」
ということだっ
た。

 

コーランについて、
イスラム法学について、
僕は知識不足だ。

 

だけど、僕は知っている。

 

何より家族を大切にし、
静かで、平穏に満ちた日々を大切にし、
金曜には地元のモスクで礼拝し、
車座になって食事を囲み、
手を繋ぎあって踊り、
周囲の友人を大切にする
心優しき人々を。

 

IMG_4132

 

IMG_1532

 

誤解が世界に蔓延しないでほしい。

もし、一方的に避けるような人がいたら、

 

伝えたい。

 

あなたは、実際に、
彼らに会ったことがありますか?

 

彼らを知ろうとしたことが、
ありますか?

 

と。
世界は思ったよりも小さく狭い。

 

知ろうとする気持ちがあれば、
もう努力は必要ない。

 

長い距離を移動する必要もない。

 

ただ、一歩、
外に踏み出せばいい。
もしかしたら、ワンクリックで可能かもしれない。

 

マザーテレサは言った、
『愛の反対は憎しみではなく無関心です』
いま、僕たちにできることは、
世界で起きている恐ろしい出来事を
他人事と聞き流すのではなく、
ただ憂うだけでなく、
関心を持つことなのではないだろうか。
そう思う。
カテゴリー
未分類

顧客視点を身につけるには?

IMG_20150927_210344

昨日から、東京に滞在しています。

定宿にしている神楽坂の隠れ家は、

素晴らしい空間です。

チェックアウトの時間が遅い、
ミネラルウォーターが無料でついてる。
朝食がうまい。
バススペースが広い。
内装のセンスがいい。

こういう些細なことも嬉しいですね。

ある大物作家も上京の際には

ここを定宿にしているとのことです。

いつかすれ違うかもしれません。

昨日は、

フューチャーマッピング ポール博士来日特別講座

に参加しました。

前半のフューチャーマッピング・ベーシック講座では、

フューチャーマッピングを使って、

「顧客視点にたった発想とコミュニケーション」

を体験。

顧客の立場に立った視点が使えると、
一気にお客さんとの間合いが縮まります。

これを3時間で、身につける講座。

ビジネスに顧客視点を取り入れたい、
コミュニケーションをうまくいかせる方法を身につけたい。

このニーズにバッチリお応えできる講座でした。

後半は、ポールシーリー博士の
フューチャーマッピングのメカニズムの講義。

未来といかに向き合うか?

利他主義が毎日の生活にもたらすものとは?

会場からの急な質問にも、
的確かつ、深い考察を交えなから、
とてもわかりやすく解説していただきました。

これが多くの著名な方のメンターたる ”凄さ” だなと思いました。

学びをじっくり消化しながら、
自分のビジネスの現場、
クライアントに役立てていきたいと思います。

フューチャーマッピングの講座は、
今後展開していきます。

再来週にフューチャーマッピング・アドバンス講座を開催します。
こちらは10時〜18時までの1日講座です。

気になる方は下記メールアドレス、
またはFacebookからメッセージでお問い合わせください。

*****************************

《Facebookページあります》
https://www.facebook.com/1planet.coaching 

*****************************