あなたの周りの人は、もっと〇〇してほしいと思ってる

あなたの周りの人は、もっと〇〇してほしいと思ってる

f:id:K_oneplanet:20180307130236j:plain

こんにちは、松本興太です。

 

昨日は、膨大な行間にあなたらしさが隠れている、

ということをお伝えしました。

 

あなたの人生で起きた一つ一つの経験が、

次の経験へと繋がったり、

違う分野での経験が繋がりあうことで、

新しい気づきを生み出したり。

 

 

 

出来事A から 出来事Bまでの行間の中に、

まだあなたが光を当てられていない部分があることに

気づかれたかもしれません。

 

 

私が話を聞かせていただく時は、

 

〇〇〇万売り上げ達成した(出来事A)

そしたら、〇〇〇になった(出来事B)

 

出来事A から 出来事Bまでの行間部分を

丁寧にお聞きすることに全力を注いでいます。

 

一つ一つの出来事がすごかったりするのですが、

その間にあった出来事、会った人、行動、失敗、工夫などの

行間部分が面白いのです。

 

でも、これ、

聞く方の在り方が明確になってないと、

なかなか聞かせてもらえないんです。

 

なので、

 

「こんなに親身に話を聞いてもらったことは、

いつ以来だろう」

 

と言われることが多いのかもしれません。

 

その他に、聞かせていただくことが多いこととしては、

 例えば、

 

  • どういう思いで独立したのか
  • なぜ継ごうと思ったのか
  • なぜ、このビジネスを選んだのか
  • 自分の思い入れはココ!
  • うまくいって、めちゃくちゃ儲かったここだけの話

 

など。

 

普段、

社員にも話せないし、

奥さん(旦那さん)も聞いてくれない。

 

しゃべりたいけど、

気兼ねなくしゃべる相手がいない。

 

ということなんです。

 

話すことで、

整理されることもあるし、

気づきが増します。

 

 

話を誰かに聞いてもらう。

 

これ、ほんと大切なことですよ。

 

 

ぜひ、誰か身近な人に話をしてみてください。

 

実は、あなたのことを、

もっと知りたい、

と思っている人は周りにたくさんいると思いますよ。

 

 

ただ、話が漠然としすぎていると、

聞く相手にとっては面白くないと感じさせますから、

事前にちょっとまとめるといいかもしれません。

 

 

まとめるのに、最適な方法が、

私の履歴書を書いてみることです。

 

もし、私の履歴書を書きたい、

という方がいましたら、

書き方を教えますので、

メッセージくださいね!

 

 

一人でやってみるよ、という方、

もしくは、自分のこと棚卸ししてみようかな、

という方にアドバイスとして、

大切なことを2つお伝えしますね。

 

  1. 隠しておきたいことや、恥ずかしいこと、ぶっちゃけ話を、どこまで深掘りして、入れられるか
  2. 過去から現在が、どのようにあなたの未来に繋がっていくか。そのストーリーを意識する

 

 

特に、①は大切なところで、

 

私の履歴書の中では、

 

・使えなくてダメダメだった製造ライン配属時代

・仮病

・経営に関する無知で恥をかいた話

・会社の解散の話

 

を書きました。

 

 

自分の中で当時の感情が癒やされていないと、

自己開示できる準備が整っていないと、

書けないことってたくさんあると思うんです。

 

まだまだ書けることはありますが、

それはまたの機会に(笑)

 

 

ところで、私の履歴書のアイデア元は、

日経で1987年から連載されているこの企画です。

 

www.nikkei.com

 

これをたたき台として、いろんなスタイルを参考にしながらまとめました。

 

ぜひ一度、あなたも

私の履歴書を書いてみてください。

 

特に、

 

なぜ、今のビジネスや活動を選んだのか?

 

までを書いてみることをオススメします。

 

考えが整理されますし、

ビジョンも明確になり、

説得力が出てきますよ。

 

松本興太

 

 

【まとめ】

  • 人生、行間部分が面白い
  • 聞く際には自分の在り方を明確にしておく
  • 話を誰かに聞いてもらう
  • なぜ、今のビジネスや活動を選んだのか?までを書いてみる

 

※ シェア歓迎です!

 

このブログがお役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら、
ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

 

 

※ 会社概要はこちらからご覧になれます。

 

1planet.jp

 

 

 

 

Follow me!

K_oneplanet