話を聞く、の原点

話を聞く、の原点

 

こんにちは、松本興太です。

 

人は聞いてもらいたい生き物って良く聞きますが、
その通りだと思います。

 

「窓際のトットちゃん」

 

という本があります。

 

黒柳徹子さんの著書で、
戦後最大のベストセラーらしいのです。

 

勧められて読む機会があり、
めちゃくちゃ共感したのです。

 

それは、”校長先生”の章です。

 

ざっくり要約すると、

 

トットちゃん(小さい頃の黒柳徹子)が、転校の際の面談で、校長先生になんと4時間もぶっ続けで話を聞いてもらった。
あとにも先にも、トットちゃんの話を、こんなにちゃんと聞いてくれた大人は、いなかった。

 

というエピソードです。

 

小学校1年生が自分について4時間も話すことができる。
この事実だけでも驚きです。
そして、退屈そうにせずに、身をのり出して、
一生懸命聞いた校長先生の素晴らしさ。

 

トットちゃんは、初対面の校長先生に対して、安心を感じ

 

”この人となら、ずーっと一緒にいてもいい”

 

と思ったということです。

 

 

これだな!!!

 

と思いました。

 

 

私の履歴書でも書きましたが、
私は人の話を全く聞けない人でした。

 

 

自分のことばかり話す人でした。

 

 

けれど、自分が苦しい時に、
一番してもらいたかったのは、
自分の話を聞いてもらうことでした。

 

そして、例外なく、
尊敬するメンターは全て
話を聞いてくれる人でした。

 

 

ちゃんと話を聞けているかどうか、
話を聞く原点に立ち返りたいと思った時はいつも、

 

窓際のトットちゃんを読み返すようにしています。

 

オススメですので、
ぜひ読んでみて下さいね。

 

松本興太

 

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

 

 

 

 

※ シェア歓迎です!

 

このブログがお役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら、
ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

 

 

※ 会社概要はこちらからご覧になれます。

 

1planet.jp

 

 

 

 

 

Follow me!

K_oneplanet