9.11 MEMORIAL

9.11 MEMORIAL

 

アメリカ滞在最後に、

9.11 MEMORIAL

に行ってきました。

 

今でもありありと思い出せる、あの光景。

 

2001年9月11日、

僕は大学1年生でした。

 

バイトから帰宅後、

すぐにつけたTVの報道で

事件を知りました。

 

映画だと、

本気で思いました。

 

しかし、どこをつけても

同じ映像。

 

これはただ事じゃ無い!

それだけは、わかりました。

 

「世界は変わる」

 

と強く思ったのを

いまでも鮮明に、思い出すことができます。

 

そんな思いとは裏腹に、

何も変わらぬ大学での日々。

 

俺たちはこのままでいいのか?

 

思いを仲間と共有するなかで、

あの現場を、

自分の目で見てみよう。

 

そんなアイデアが浮かびました。

 

そして、翌年1月に、

ニューヨークを訪れたのです。

 

当時はまだがれき処理が終わっておらず、

作業が進行していました。

 

4ヶ月以上経っているにもかかわらず、

火がともされたロウソクがそこかしこにあり、

亡くなられた方へのメッセージのようなものが

現場周辺のフェンスや道ばたに

溢れていました。

 

周囲には祈りを捧げる人、

献花する人など、

たくさんの人が集まっていました。

 

あれからもうすぐ17年。

 

今は、9.11 MEMORIALとして整備され、

ツインタワーの跡地には、

二つの大きな滝のモニュメントが建設され、

それを取り囲むように、

亡くなった方の名前が彫られた石碑が

立っていました。

 

マンハッタンの喧噪が嘘のように、

ここだけ静まりかえり、

多くの人が祈りを捧げていました。

一瞬、

17年前にタイムスリップしてしまったのかと

思いました。

 

あの頃の自分は何を考えていたのか。

 

いつの時も

純粋に祈った気持ちを忘れずに、

日々を過ごし、

地球に生きる一人として、

世界に貢献していけるようにと

気持ちを新たにしました。

 

合掌

 

 

 

Follow me!

K_oneplanet