結果を出す5W1H +αの法則 後半

結果を出す5W1H +αの法則として、

 

Who 誰が
When いつ
Where どこで
What 何を
Why なぜ
How どのように

 

と見てきました。

 

今日は、私が+αとして、
二つ付け加えたい考えを書きたいと思います。

 

それが、

 

・誰のために
・いつからいつまで

 

です。

 

今からやることは、誰のためになるのか?

 

もしそれが実行されなかったら、
だれが悲しむのか?不利益を被るのか?

 

など、

 

「誰のため?」
を明確化しなければ、
せっかくの良いアイデアに行動が伴いません。
なんとなく理解した状態や、
なんとなくできたプランに対して、
人は進んで行動できません。

 

人が行動するとき、
それは、

 

誰かのため、
自分のため、

 

になるときです。
この部分を明確化することで、
行動に現実味を帯び、
進んで取り組もうという意欲に繋がります。

 

つぎに、

 

「いつからいつまで」

 

という期間、タイムラインを明確化することです。

 

よくプロジェクトや、会社の目標で、
成功するまでやろう!

 

というのがありますが、
これはオススメできません。

 

最終的には成功するまでやることが重要なのですが、
たとえば3ヶ月や半年と期間を区切って、
その間に行ったアクションを振り返る
ということができていないので、
ダラダラと集中力がないままに
プロジェクトが進み、
結果ずっと達成できない
という状態に陥ってしまいます。
「いつからいつまで」

 

という期限があることで、

 

まずはそこまで頑張ろう
集中して取り組んでみよう

 

という具体的なアクションにつながります。

 

良いアイデアを考えることは、
実はみなさんうまいのですが、
”具体的にして行動していく”
ここが弱い。

 

良いアイデアが出たことで満足する人が多いんです。

 

結果を出さないと、
何も変わりません。
Who 誰が
When いつ
Where どこで
What 何を
Why なぜ
How どのように

 

 

・誰のために
・いつからいつまで
この視点で目の前の課題に取り組んで見て下さい。

 

 

*****************************

 

 

 

***************************** 

結果を出す5W1H +αの法則

ビジネスで最も基本となるフレームワークとして

あまりにも有名な5W1H

Who 誰が

When いつ
Where どこで
What 何を
Why なぜ
How どのように
ですが、
実はこれを使いこなしている人は意外に少ない。
「どのように」の部分は語りますが、
5Wの部分が不明確なままプロジェクトを進めたり、
会議を終わらせている
という場面に遭遇することもとても多いです。
企画会議で使われることが一般的かもしれませんが、
私はこれを経営と品質管理の現場で使いました。
品質管理の現場では、
「なぜなぜ分析」「QC七つ道具」など、
分析に重点を置かれているのが
現状ではないでしょうか?
そして、何より、
めんどくさい!!!
特にQC七つ道具なる、
特定要因図、パレート図、グラフ、散布図などなど、
資料をそろえるだけで、
膨大な時間を要します。
品質管理者は資料作りに忙しく、
現場に入って、
実際の対策をする時間がないというケースも多い。
分析が仕事になってしまっていて、
見た目はよくなったように見えけれど、全く変化していない(笑)
難しい用語を多用するから、
現場で働く人が理解しようという気もおきない。
無理に理解させようとするけど、
押しつけなので積極性に欠け、
コミュニケーションのギャップが生まれる。
もっとシンプルに、(どのように)
誰にでもわかる言葉で、(誰に)
やることを絞って、(何を)
期間を決めて、(いつ)
何のためにやるのかを明確化し、(なぜ)
結果を出すことにコミットする。
これが品質管理では重要です。
「シンプルにする」
特にこの部分がないがしろになっています。
・現場と共通の言語で話す
・やることを半分に減らす
・期間を決めて集中してやる
・目的を達成することで、自分やにどんな良いことがあるのかが明確である
この部分がキモです。
管理する人は、
責任感がつよく、
仕事ができるという自負があり、
物事を複雑に考えがちです。
しかもカンペキ主義の場合も多く、
物事をきっちり、かっちり仕上げることに
誇りをもっていて、
きっちり、かっちりしすぎて
第三者からわかりにくくなってしまっているのです。
みんなが
あなたはすごい、
責任感がつよくしっかりしている
ということは認めていますから、
まずはちょっと肩の力を抜いて、
シンプルに考えてみませんか?
次回は、+αの部分について、

書きたいと思います。

 

*****************************

 

 

***************************** 

コーチングの注意点

夫婦関係や、
パートナーに
コーチングは使えますか?

という質問をうけることがあります。

特に、私のコーチングを受けて、

・自分が変わることができた
・すごくいい気づきがあった
・人生が動いた

と感じて頂いている方に
多い質問でもあります。

 

誰もが、
夫婦関係をよくしたいと思いますし、
パートナーに変わってもらいたいと
思う点がいくつもあるからではないかと思います。

しかし、これは

すごく危険な考え

です。

結論から言うと、
コーチングは夫婦関係、
パートナーに対し、
使わないでください。
あなたは夫や妻のコーチなのでしょうか?
パートナーとコーチとして付き合いたいのでしょうか?
違いますよね。
もし、変えたいから
コーチングを使いたい。
そう思われるなら、

まずは

自分が変わること

を考えてみてください。

あなたが変われば、
相手も変わります。

相手に対して、
変えたいと思ったことが、

「あなたが変える必要があるかもしれないポイント」

です。
実は、妻に対して、
コーチングを使ったことがあります。
しかし結果は、、、、、
やめておけばよかった。
(T_T)
コーチングを学ぶことは素晴らしいことですが、

使い方は間違わないでくださいね(^^)

*****************************
《Facebookページはこちらから》
https://www.facebook.com/1planet.coaching 

*****************************    

仕事を任せる3つのステップ

小冊子を読んで頂いた方からの感想が届いています。 

 

人それぞれ響くところが違います。

真剣に読んで頂いていることが、
とても嬉しいです。

「仕事を任せる」

というところが刺さったという感想がありました。 

 
「完全に社員と競争してます」
 

実際、この状態の経営者は
とても多いと思います。

 

経営者だけでなく、
敏腕営業マンや凄腕の職人さんも
陥りやすいポイントです。

  • 自分が一番であり続けたい
  • 自分こそが一番うまくできる

 

この状態だとあなたは気分が良く、
儲かる、成果をだせるかもしれませんが、
果てしなく自分が主体的に動き続けなければいけません。
 

どんどん疲弊していきますが、
楽しいし、
社会的な評価も高いので、
疲弊していることに気づかないんです。
 
 
この裏には、 
 

「同時にこの仕事を任せたら一体自分は何をすればいいのだろうか?」
 

という、本質的な問いが湧いてきます。 
 

任せるということは経営者としてとても大切です。 

しかし、 

何のために、なぜ任せたいのか?

ここに向き合うこともとても大切ですし、
ここがはっきりすると、
意外とすんなり任せることができます。 
 

任せ方については、
また書いていきたいと思いますが、

シンプルに、

やることは3つあります。 
 

 

1つめは、自分のやっている仕事を書き出す。 

2つめは、一番簡単なものから任せる 

  
3つめは、任せたときに何を感じるか。
自分の感情をみつめて、クリアにしていく。
 

この3つです。 

3つのステップでもあります。

今後は、
また詳しく書いていきたいと思います。 


*****************************

*****************************    

  

  

あなたが会社を変えるリーダーになるには

「会社を変えるリーダーになる エグゼクティブ・コーチング入門」

この本は、
私自身がコーチングに
のめり込むきっかけとなった本であり、
 

コーチをつけようと決める
きっかけとなった本です。

著者の鈴木義幸氏は
株式会社コーチ・エィ取締役社長で、
企業において管理職を対象とする
コーチング研修を行なうほか、
経営トップ、経営層への
エグゼクティブ・コーチングを多数実施している

エグゼクティブ・コーチングのプロです。 
 

 

帯には、

ゴルフ上達のためにコーチをつけるのと同様に、
よりレベルの高いエグゼクティブになるにもコーチが必要だった・・・。
とあります。

エグゼクティブ・コーチングってなんだろう。

 

と思って手に取りました。

どこかの大企業のCEOストーリーかと思いきや、
2代目経営者のストーリーでした。
 

 

「まえがき」を読むにつれ、どんどん引き込まれていきました。

本書は、父の急病を機に、突如一銀行マンから経営者になってしまった「荒巻丈一」が、自身のリーダーシップを高めるためのエグゼクティブ・コーチングを受けながら、幾多の困難を乗り越え、リーダーとして成長する様子を克明に描いています。

 

おいおい、、このシチュエーション、
俺とそっくりじゃないか。
私自身がコーチをつけ、コーチングを学び、
エグゼクティブ・コーチングを提供する
今の自分にまで続く流れのきっかけとなりました。

 

そして、この本とそっくりそのままとはいいませんが、
後継者として、リーダーとして
成長していくことができました。

 

本書の内容は以下のようになっています。
__________________________
目次
 
プロローグ エグゼクティブ・コーチングのフレームワーク

 

1章 リーダーへの第一歩
2章 人を動かす、人を巻き込む
3章 伝播するコミュニケーション
4章 抵抗勢力との闘い
5章 人が変われば会社も変わる
__________________________ 

 

コーチングをされている人、

2代目、後継者の皆さん、
エグゼクティブ・コーチングに興味がある、
または受けることを検討している人は、
ぜひ読んで見て下さい。

Facebookページができました。
「いいね!」して頂けると嬉しいです!

【エグゼクティブ・コーチング 株式会社ONE PLANET】

https://www.facebook.com/1planet.coaching

*****************************

 

***************************** 

インタビューとフューチャーマッピング

先週の土曜、東京でインタビューを受け、

フューチャーマッピングのセッションをしました。
友人で2代目経営サポートをしている
松本光絵さんから僕自身の2代目としての
「これまでとこれから」に関するインタビューを受けました。

久々に「奮闘していた20代の頃」を思い出しました。

近々記事にして頂けるということなので、
楽しみにしたいと思います!

 

===================
フューチャーマッピング・セッション
===================
企業に勤める傍ら、セミナーも主催している
友人のシラトリ氏の次回のセミナー開催に向け、
コンテンツのアイデア出しをテーマに
フューチャーマッピング(全脳思考)のセッションをしました。

フューチャーマッピングは、
潜在意識の中にあるまだ気づいていない行動のためのアイデアや、
個人の問題解決のレベルを超えた、何層も深いところにある問題も
誰かを120%ハッピーにするという利他の心に基づいた
ストーリーから導きだす思考法。

やることに抵抗感がすごくあるけど、

参加者のためになるワークのアイデアや、
セミナーを充実させるポイントなどに関する
キーワードやアイデアが、
意外なところから導き出されて、
すごく充実した時間になったとコメントをもらいました。

フューチャーマッピングを書き始めると同時に、

ホテルラウンジの隣で結婚式が始まり、
フューチャーマッピングが書き終わると同時に、
二組目の結婚式が始まり祝福のフラワーシャワー。

ここで書かれたフューチャーマッピングで

描かれた未来も、祝福されるんじゃないかと、
盛り上がりました。

やはり、フューチャーマッピング、すごいですね。

この秋から、法人研修、文教市場、世界へと大きく展開していく
企画が目白押しのようです。

・大きく飛躍したい

・新たな道を進みたい
・自己変容を遂げたい

というポジティブ志向で、

すぐに行動できてしまう方はもちろん、
やりたいことはあるけど、
頭が真っ白になって考えが整理できなかったり、
行動が停滞気味な人にもぴったりの思考法です。

ここで生み出された行動計画に沿って、

コーチングを受ければ、
確実に物事を動かして目標に向かうことができます。

今回の滞在では、

官房長官とすれ違ったり、
人生で6回もホールインワンをしたことがある
タクシーの運転手さんと出会ったりと、
面白い出会いに溢れた2日間となりました。

帰宅後は、妻の手料理に舌鼓。

幸せを感じながら、

また今週も一歩ずつ進んでいきたいと思います。

*****************************

 

***************************** 

ミスを少なくする方法

あなたは社員のミスに、

常にイライラしていませんか?

もしかしたら、

なんて無能なんだ!

と憤っているかもしれません。

ポカミス、些細な手違い、
重大な事故に繋がるミスまで、
業種業態に限らず、
誰だってしたくてしているわけではありませんよね。
 
「ミスしたくない」って常に思っているでしょうし、
気をつけてもいると思います。

しかし、人間ですから、
どんなに気をつけても起こってしまうものです。 

 

そんな時、そのミスに対してあなたがどのように反応するかが、
問われています。

自分の現在地を明確にする

こんにちは、
松本です。
あなたは自分の人生、目標、夢、ビジネスに関して、
現在地を明確に把握できているでしょうか?

変えたいと思っている、

しかし、

「どこから手をつけていいかわからない」

ということは、
実はクライアントにの皆さんに共通することです。

同時に、今の自分の現在地を把握できていない場合が多いです。

  • なぜ、自分の現在地を把握できていないのか?
それは人間は、
自分一人では
自分を知ることが難しいからです。
鏡に映さなければ、
自分の姿を見ることができないように、
多くの人は自分が今、
どんな状態なのか見えていないのです。

少し厳しいことも客観的にフィードバックしてくれる
友人や、パートナーがいて、

自分が今、何を感じているかということを
シェアしあうことができる環境がある方はいいのですが、

たいてい感情的になったり、

相手にしてもらえなかったりと、
深く自分のことを話すことは難しいのではないでしょうか。

日常生活の中では、
自分の今の状態や、
内面を理解することは容易にはできないのです。
私はコーチとして、あなたの鏡の役割をします。

自分の現在地を把握することは、

幸せな人生への重要な一歩です。

そして、ここがわかると

「自分は誰なのか?自分はどうしたいのか?」

ということがはっきりとわかるようになります。

クライアントの皆さんからの実体験として、

自身の視点が一方通行であったことに気付き、
社員と自分の距離感を明確にすることができました。
自身の視界を開き、振り返ってみることの重要さに気付きやすくなったことと、
寛容さをもって人をみる機会が多くなりました。
必然的に雰囲気も良くなりました。

人間は行き詰っているときは特に物事をネガティブに考えがちになり、
また視野が狭くなる。
そんな時にまったく別の視点から本当に大切なこと、本当に自分がやりたいこと、
やるべきことを私自身の心の中から引き出してくれた

仕事の方向性が見え、やるべきこと、やりたいことが浮き彫りにされ、
大きく構えてゆっくりとして仕事に向き合うことができはじめました。

このようなご感想をいただいています。

コーチという鏡を通して、自分と向き合い、
現在地を知り、
新しい視点で物事を見ることができるようになったことで、
パワフルに活動されています。

あなたが自分の現在地を明確にする最初の一歩として、
プレコーチングをご提供しています。

プレコーチングで明確にできることは、

・あなたの現在地
・あなたが本当に大切にしたいこと
・行動できない理由
・人間関係の改善ポイント
・あなたが本当はやりたいこと
・今後の仕事の方向性
・あなたがやるべきこと
・あなたの普段のコミュニケーションを見直す手がかり

ぜひ一度、ご連絡ください。

(現在、プレコーチング、体験コーチングは行っておりません)

今日も読んでいただき、

ありがとうございました。

松本興太

追伸

LINE@を開設しましたので、

気軽にお友達になってください ^ – ^

LINE@は、
LINEを使ったメルマガのような機能です。

今後、こちらでも発信していきます。

今回は、友だち登録していただいたお礼に、
クライアントに好評な

「人生を変える‼️推薦図書15選」

をプレゼントさせていただきます!

更に登録後、「スタンプを送る」と追加プレゼント

「人生の360度満足度診断ワークシート」

をプレゼントいたします!!

現在地を知るためにも、

このワークシートはとてもパワフルです!

強みと技術と経験を独自コンセプトに高め、

継続的に売れ続ける高収益商品を作り、

労働時間を減らしても

右肩上がりの業績を実現させ

ステージを変えたい方は、

ぜひ登録してみてください。

【LINE@ #無料プレゼント
「人生を変える‼️推薦図書15選」

🎁無料プレゼント🎁
★登録★
⬇︎プレゼントを受け取る⬇︎

 友だち追加

LINE ID: @vwi5858e

メルマガとは違う、LINE@だけの
限定配信もしていきます。
ぜひ、気軽にお友達になってください(^_^)

人生で大切なスキル

evernote

EvernoteのCEOフィル・リービン氏が

品川女子学院の生徒に教えた、
人生に役立つ3つの教訓の記事がおもしろかったです。

フィル・リービン氏の最後の一言が、印象的でした。

今日はとても良い質問をいただきました。そうやって質問することが大切です。
人生で大切なスキルの1つは「質問の仕方を知っていること」だと思いますよ。

激しく同感します。

質問力、磨いていきたいですね。

以前の質問力に関する記事はこちら。

『人の目の色が変わる瞬間を作っていきたい』

写真 2014-04-28 13 39 03

昨晩、将来は講演家、
コーチとして起業したいという
20代の若者とお話しました。

「人の目の色が変わる瞬間を作っていきたい」

というなんとも熱い情熱を持った若者で、
週末を使って朝活の場を主催したり、
セミナーを企画したりととても行動的。

 

僕と話した感想をメールで頂き、
うれしかったので、
抜粋にて掲載許可いただきました。

 

>>>>>>>
【某通信会社勤務、27歳男性 】
 
印象に残った言葉として、
「問いをたてる」という言葉がありました。

「問いがない所に答えはない」
「問いがなければ響かない」

それぞれの人が深いところで何を望んでいるのか、
その人がどう感じどう考えているのかと
真剣に向き合わないといけないということに気づきました。

だいたいの事は
過去に自分が経験した事がある感情ではないかと思うので、
まずは過去の自分を振り返り、
なにをした時、された時、感じたのか、
というところを振り返り学ぶ事からはじめてみます。

自分の「勘違い」に気づけた事もとても大きいです。
少し勉強して、少し周りの反応がよくなった事で
自分はできるようになったという勘違いをしていました。
一番危険な状態になっていました。

学びに限界はないと思いますし、
今後は謙虚な気持ちを忘れず取り組んでいきたいと思います。

 

「今の自分では満足ができない」といったような、
満ち足りていない部分からのエネルギーであれば、

必要以上に自分を責めたり、
必要以上に他人を責めたりという事に
陥ってしまうのではないかと思います。
 

僕は、まだこのような事で大きな失敗をした事がないので、
今度いくつも失敗をしていく事だろうと思います。
そんな時に、昨日の松本さんとのお話を思い出して、
自分自身を癒せる人間になりたいと思いました。

 

>>>>>>>

 

短時間の会話で、ここまで吸収するポテンシャルに圧巻。

 

自分と向き合いながら、
情熱の炎を絶やさずに頑張ってもらいたいです。

 

いやー、刺激的だった!

*****************************

 

*****************************