錦織選手にみるコーチの存在

明日の試合は、
テニスをほとんど知らない自分にとっても、
本当に楽しみな一戦。
日本人初となる、
グランドスラム優勝。

期待したいですね!

今日は、錦織選手にみるコーチの存在について、
書いてみたいと思います。

スポーツの世界では、
コーチが変わるとすごく能力を発揮する選手がいます。

今回の快進撃でよく取り上げられているのは、
新しくコーチ陣の一員として迎えた
マイケル・チャンコーチの影響が大きいと言われている点です。

「もう勝てない相手もいないので」

インタビューでのこの発言は、
テレビやネットでも話題になっていますが、
私にとっても衝撃の一言でした。

「コーチが変わり、
『自分を信じ切ることができるようになった。』
のではないか。」
と、杉山愛さんはテレビのインタビューで、
おっしゃっていました。

コーチをしていると、
クライアントや選手が変化する瞬間がはっきりわかります。

声のトーンが変わったり、
積極的に話し始めたり、
深い気づきを得て沈黙したり、
目に今までにない輝きがともったり、
たくさんの変化のポイントがあります。

その変化の瞬間は、
命の輝く瞬間です。

私自身、クライアントをコーチする時や、
中東のヨルダンで柔道ナショナルチームを教えていた時、
そのような瞬間に多く立ち会うことができました。

マイケル・チャンコーチは、
練習の中で、
一緒に過ごす中で、
常に自分の力を信じることを意識させ、
伝えていったのではないでしょうか。

意識が高い人と、
素晴らしい時間を持つ。
これはビジネスでも、
言えるかもしれません。

Googleの元CEOのエリック・シュミット氏がコーチをつける際の話にも、

共通点があると感じました。

Googleの元CEOも、コーチをつけていた 

何はともあれ、

明日は頑張ってほしいですね!!!

*****************************

 

***************************** 

 

自分の考えに枠がある事に気がついた

バガボンド、スラムダンク、リアルなどで有名な
漫画家の井上雄彦さんの、

ガウディ×井上雄彦

という特別展のイベントが開催されています。

先日、井上雄彦さんがインタビューで語られていた言葉に、
驚きとともに、ふつふつと熱い気持ちがわいてきました。

「自分の考えに枠がある事に気がついた」

井上さんでもそうなんだ!
そして、

「もっと自由な発想を持って活動していきたい」

と語っていました。
端から見れば、すごく自由な発想で、
独創的だと感じるけれど、
もっと先へ、
もっともっとと貪欲に自分の内側を探求し、
表現していくその姿にシビれました。

彼のような独創的な第一線のアーティストでもそうなんだから、

私達はもっと貪欲に挑戦し、
自分の枠、今までの自分とは全く違う角度での行動や選択が、
常に求められているんだということを改めて感じました。
Think out of the box!!
しかし、自分の考えに枠がある事にはなかなか気づけないものです。

コーチングの時間は、
今の自分の現在地を客観的に見つめ直すことで、

『自分がどんな枠に囚われているのか』
に気づくことに役立ちます。

忙しい日々のなかで
じっくりと自分と向き合う時間を作るには、

心の余裕が必要です。

そして、時間を取ると、

まずは決めることです。

実は自分自身と真正面から向き合うことは、

忙しい日常のなか、
多くの人ができていません。

なので、『行動』と『思考』と『感情』が

気付かないうちにズレてしまっています。

このズレに気づき、修正できると

大きなチャンスを掴むことができたり、
自然に自分の周囲の人間関係が変わり、
会社がうまくまわるようになります。

飛躍するためのキッカケは、

自分の内側にあります。
そして、枠を超えた行動が新しい現実を作ります。

コーチングでは、クライアントの具体的な経営課題に沿った
率直なフィードバックをさせて頂きます。

かなり厳しい事もお伝えしています。
私のコーチングで明確にできることは、

・あなたの現在地
・あなたが本当に大切にしたいこと
・行動できない理由
・人間関係の改善ポイント
・あなたが本当はやりたいこと
・今後の仕事の方向性、行動計画
・あなたの普段のコミュニケーションを見直す手がかり

このようなことに課題を感じている方は、

ぜひ一度、ご連絡ください。

追伸

写真は先日挑戦したバンジージャンプ。
恐怖を感じながらも、自分の枠を飛び越えていきましょう!!

*****************************

 

***************************** 

出雲・広島の旅

1月11日〜13日まで、出雲・広島の旅に行ってきました。

目的は出雲大社、広島の平和公園訪問、
そして、広島の先輩経営者を訪ねるでした。

写真 2014-01-12 15 09 32

山陰にはあまり縁がありませんでしたが、
行ってみたらとてもいいところ!

そして、人が温かい。飯がうまい!
すごーく、いいところでした。

写真 2014-01-12 15 25 30

日本三景安芸の宮島
厳島神社

写真 2014-01-12 15 11 26

小高い山の上からの、絶景。

写真 2014-01-12 14 44 08

素晴らしい眺め。
瀬戸内海。
ここを清盛は通っていたんですね。
壮大な歴史の流れを感じました。

写真 2014-01-12 15 24 44

最後は株式会社インフィニティのみのえること田原実さんとの一枚。

中小・零細企業から東証一部上場企業までをクライアントにもつ、
経営コンサルタントにして、
『心を育てる』感動コミックというものを出版されています。

これがとても素晴らしい!!そして、わかりやすい!

特に沖縄教育出版さんは新潟の友人の会社も関わりがあるので、
とても興味深く読ませて頂きました。
お勧めです!!

2日間、大変お世話になりましたm(_ _)m

翌日は、海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)へ。
また改めて書きたいと思います。




 

リンポチェ師による「祝福と法話の会」に参加しました

写真 2014-01-15 21 20 12

チベット仏教の高僧 ザチョゼ・リンポチェ師による


「祝福と法話の会」

新潟市で開催されました。

この会は世界に散らばるチベット難民への
チャリティーも兼ねているとのこと。
以前から友人を通してリンポチェ師を知り、
興味を持っていたので参加してきました。
 

当日、会場は約90名ほどの参加者が詰めかけ、
急遽席を追加するほど。

しかし、リンポチェ師のお人柄が表れているのでしょうか。

その穏やかな雰囲気は、
以前訪れたインドのブッダガヤでの
ひとときを思い出させるものでした。
190CM程の大柄な方ですが、
話ぶりはとても静かで、
優しい雰囲気があり、同時に、
安心感を与えてくれるような温かさを感じました。
英語もすごくわかりやすく、
仏教用語を使わずにお話して下さったので、
つたないリスニング力の私も理解することができました。
(通訳はついています)
 

・自分自身の中にたくさんのことがあると言うことに気付く
・自分自身はたくさんのものを持っているということに気付く
・自分が恵まれていることに気付く
・小さな積み重ねが、大きな幸福に
・自分を助けることが、周囲を助けることにつながる
・自分に不満をつくらない
・自分を静かに保つ

などなど、急いでメモをとったので、
少し違う部分があるかもしれません。

メッセージの1つ1つが、
自分の内面に響いてくるものでした。
特に、

「自分を助けることが、周囲を助けることにつながる」

という部分が一番心に残りました。

 

私達は常に自分のことはさておき、
人のこと、自分の外のことに気がいきます。
自分をないがしろにして、
人のことに一生懸命になれることは
素晴らしいことだと思います。
しかし、それで自分が疲弊したり、
自分が傷ついたりしている人も多いのではないでしょうか?

お話を聞く中で、

「会社をどうにかしなければ!」

と会社の事ばかり考えていた自分を思い出しました。

以前の私は、まさに自分のことはさておき、
人のこと、自分の外のことばかり考えていました。

このままではいけないと焦りを常に感じていたし、
自分には何もないと思っていたし、
恵まれていないと卑下していました。

でも、コーチングを通して自分と向き合う中で、
これまでがむしゃらに頑張ってきた自分や、
今のあるがままの自分にOKがだせるようになりました。
 

「自分を幸せにできるのは、自分」

メンターにこう言われたことがありました。
 
 
もっと自分を大切にしていいんだ。
自分を大切にすることが、
周囲を大切にすることに繫がるんだ。
すごく気持ちが楽になって、
自身が持てるようになったし、
もっと自分を労ろう、
自分を信頼しようと思うことができました。
これからリンポチェ師の「祝福と法話の会」は、

1月17日(金)京都
1月18日(土)奈良
1月19日(日)岡山
1月20日(月)広島
1月21日(火)和歌山
1日22日(水)東京
1月23日(木)群馬
 

というようなスケジュールで進んでいくようです。

各県にとりまとめをしている有志の方がいらっしゃるようですので、
インターネット検索で情報収集して頂き、
興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
 

【ザチョゼ・リンポチェ師】

「リンポチェ」とはチベット密教ゲルク派の高僧の役称。
ザチョゼ・リンポチェは1968年インドに生まれる。
1984年にダルマ大師の6回目の転生者として、
ダライ・ラマ法王より東チベットに置いての最高僧として承認される。

チベットのテホー地方に13の僧院と1万人の僧侶を抱え、
ダライ・ラマ14世の70歳の誕生祝賀祭典の仕切りを
約200人のリンポチェの中より任命される栄誉を博す。
現在は米国アリゾナ・フェニックスで、
エマホ・ファウンデーションをベースに
西洋とチベット文化の融合にも尽力を尽くされている。
 
{Emaho Foundation http://www.emahofoundation.org/

最近、「話しすぎた」と感じる程、自分の話を聞いてもらうことはありますか?

写真-2

先週、出張で東京に5日ほど滞在していました。

新しいプロジェクトや、アジア・ユニティ。
とあるスゴいエグゼクティブとの夜の会食など、
盛り沢山で濃い時間を過ごすことができました。

そんな中、友人の紹介で、
2代目後継者の方とお会いする機会もあり、
充実の意見交換のあと、その日の夜にメールを頂きました。

昨日、私は調子にのって、
話しすぎてしまったのではとちょっと反省しました。


皆さんは最近、「話しすぎた!」という程、
自分の話を聞いてもらったことはありますか? 

・自分のことをもっと話したい!
・話を聞いてもらいたい!

と思うことはありませんか?

楽しいこと、辛いこと、
目標について、夢について、
イライラしていることなど、
話したい気持ちに無理矢理蓋をして、
あふれんばかりになっているのではないでしょうか。

中には、自分の話をしっかり聞いてくれるパートナーや、
相談にのってくれるメンターがいるかもしれません。

しかし、メンターとの会話の中で、
一方的に自分のことばかり話すというは気が引けるし、

「お忙しい方にこんな内容の話をしてもいいのか?」
「あまり愚痴っぽい話ばかりだと、相手にされなくなってしまうかも」

と不安に感じることもあると思います。

親友や、親がそのような存在になってくれるのではないかと
考える人もいらっしゃるでしょう。

しかし、多くの場合、
自分の身近な人のことを軽く扱ってしまいがちですので、
「どこか違うな」とすっきりしない状態になってしまいます。

「なんで分かってくれないんだ!」
と憤りを感じることもあるのではないかと思います。

そう考えると、「真剣に話を聞いてくれる人」は
多くの人が持っていないというのが現状です。

モヤモヤした感情を抱いている時や、
困惑している時、
話を聞いてもらうことで次のアクションが自然と見えてきます。

自分は一人ではないという安心感にも繋がり、
力がわいてきて、エネルギッシュな行動ができるようにもなります。

実際にクライアントからも、


・人間は行き詰っているときは特に物事をネガティブに考えがちになり、また視野が狭くなる。そんな時にまったく別の視点から本当に大切なこと、本当に自分がやりたいこと、やるべきことを私自身の心の中から引きだしてくれた

という声を頂いています。

コーチングでは、あなたが主役です。

事前に決めた日程に、
コーチはあなたのために時間を作り、
傾聴と、質問のプロとして、
あなたの話をお聞きします。

ただただ思いを聞いてもらいたい時は、傾聴を。
考えがまとまらず、混乱している時は、質問を。

傾聴と質問を、その時々に、
ベストなタイミングで行うことで、
自分の現在地が会話の中から自然と浮き彫りにされてきます。

自分が話しているだけで、考えが整理されてくるということを、
私自身が数多く経験しました。

これをコーチングではオートクラインと言います。

自分が話していることを、自分自身でも聞いていて、
その中から「気づき」が生まれるんですね。

そして、未来に対するアクションが見えてきます。

あなたは、最近、話しすぎて反省したのはいつですか?
整理されないで、モヤモヤしていることはありませんか?

未来に対するアクションを明確化し、
今以上に飛躍するために、
コーチをつけてみてはいかがでしょうか?

(写真は、新潟が誇る豪農の館。北方文化博物館での一枚)

父親という存在について

IMG_4612

パワースポットということで、五色塚古墳に行ってきました。
景色がとても良く、淡路島、遠くは大阪湾の先まで見渡せる古墳に埋葬された、
当時の権力者の力を感じました。

IMG_4619

お盆も終わりですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

もしかしたら、海外でこれを読んで頂いている方もいらっしゃるかもしれません。
暑いですので、体調管理にはお気をつけ下さい。

 

さて、先日まで妻の帰省に伴い、妻の実家に挨拶に行ってきました。
このとき、神戸の友人とも久々に再開し、
その際に友人に言われた一言で、印象に残っているものがあります。

 

「松本さんは、偉いですね。毎年2回も嫁の実家に顔を見せにいくんですから」

 

僕にとっては、年間行事という認識でしたが、
改めて言われてみると、偉いのかもしれないと感じました。
僕の父が母の実家に行くのは、せいぜい年一回、それも2日ほどでしたから。

 

なぜ、ちゃんと行くようにしているのか。

 

それは、父という存在を感じたいからなのではないかと思います。

 

義理の父ですが、妻の父も事業を長くやられていて、
かなり個性的で、独自の視点が面白いです。

 

それ以外にも、妻の家族とのやりとりも、まだ僕の父が健在の頃の
家族の様子を思い出させてくれる時間だから、
年に2回はここに来ているのかなとも感じています。

 

それだけ、僕にとって、家族という存在はとても大きな存在であり、
大切なんだと再認識することができました。

これを読んでくださっている皆さんにとって、
家族はどんな存在でしょうか?

 

2代目や3代目の方々にとって、父はとても重要な存在であるとともに、
とても頭が上がらないという方は多いでしょう。

逆に、全くもって尊敬できない。何で俺の親父はあんななんだ! 

と憤りをおぼえている方もいるかもしれません。

実の父、義理の父と関係なく、
その存在は、人生の中で多くの学びを与えてくれる師であるのではないかと思います。

 

父が他界してから6年の月日が経ちます。
これからも良き師としての教えをしっかりと受け継ぎ、
次の世代に引き継いでいきたいと思っています。

 

あなたは、父から何を受け継ぎましたか?

 

僕自身も、皆さんと共に、
自分に問い続けたいと思っています。
 

あなたにメンターはいますか? その3

IMG_4535

新潟県長岡市の国際協力、交流や防災の分野で世界的に活躍されている

メンターにお誘いを受け、日本一の長岡花火を見てきました。
長岡の花火大会の始まりは、第二次世界大戦後。
長岡でも空襲があり、その犠牲者の霊を慰めようと始まりました。
今では、中越地震東日本大震災など復興への願いも込められています。
メンターのお宅は、観覧席からすぐのところで、
家から花火を見ることができる特等席。

天地人花火に、フェニックス!
素晴らしい機会を頂き、ありがとうございました!!
羽賀友信さんのプロフィールについてはこちら。
途上国の人材育成や社会発展に尽力した個人・団体の功績を称える
「JICA理事長表彰」を受賞されるなど、日本だけでなく、

世界的にも活躍されている方です。

世界の中の日本について、
これからの世界との関わり方について、
いつも教えを受け、
その教えをクライアントや周囲の方と共有しています。

日本だけでなく、世界を見据えた視野を持つことは、
これからの企業経営においてとても重要なことです。

私にはメンターは5名いますが、
みなさんが違う分野でとても活躍されている方です。

全く違う分野、業界のメンターをもたれることをオススメします。

メンターがいらっしゃらない方は、

どんな方が、あなたにとって最高のメンターですか?

そして、

メンターにこれから何を聞きたいですか?

以前に書いたメンターに関する記事はこちら

あなたにメンターはいますか? 

あなたにメンターはいますか? その2

私にはメンターがいます。

 

友人としてもお付き合い頂いているモダンジェントルマンこと木場さんと、
会ってきました。

 

ところで、木場さんの魔法にかかると、
こんな感じになります。

jpg(13_件、全_13_ページ)

海外では外見も重要で、服装がきちんとしているだけで、

相手の対応が変わったりします。
日本でも「人は見た目が9割」なんて本が出るくらいですので、
気をつけたいポイントですね。

 

去年はアラブに行くことが多く、企業訪問や省庁関係の友人宅にも
お邪魔することもあったので、オーダーメイドで作りました。
緑は自分のテーマカラーであると同時に、中東にもゆかりのある色です。

 

木場さんのブログはこちら。

“E”@神楽坂

その後、神楽坂の隠れ家スポット日仏学院にてランチ。
今回は、僕自身の最近の気づきをシェアさせてもらい、話がはずみ、
深い話も織り交ぜ2時間ほど楽しみました。

 

改めて、メンターの存在が、自分にとってどんなに素晴らしい存在であり、
多くの学びを頂けることに感謝しつつ、
僕からも学びをシェアできたことはとても良かったです。

 

話の中でとてもピンと来たことがあり、いっぱい質問してしまいました。
僕のコーチ的アプローチも功を奏して、
心地よく話しができたとも言って下さいました。

 

話の中で、お互いの家族関係などを話していくこともあったのですが、
父との関係でお互いが似ている部分を持っていて驚いたと同時に、
より身近に感じられるようになりました。

 

出会いに感謝すると共に、もっと交友を深めていきたいと思います。
そして、氏が常に意識している

”本物だけがもつ輝き”

に、自分ももっと近づけるよう精進していきたいです。

 

あなたにはメンターがいらっしゃいますか?
あたなにとって、どんなメンターが理想的でしょうか?

 

来週は新潟県長岡市の国際協力、交流や防災の分野で世界的に活躍されている
メンターにお誘いを受け、日本一の大花火を見てきます。
新潟県人ながら、一度もお目にかかっていない大花火。

 

楽しみです!

以前のメンターに関する記事はこちら。

あなたにメンターはいますか?

 

あなたにメンターはいますか?

 

IMG_4378

僕にはメンターが5名います。

昨日は東京にて1ヶ月ぶりにメンターと会い、

ランチを合わせて2時間ほど、いろいろな話をしました。

 

この方は、神楽坂でごくクラシックなテーラーを営む、モダンジェントルマン。

独自の哲学を持っておられ、常にジェントルマンとはどうあるべきか?
を指導してくださいます。

多くの経営者や各界で著名な方が顧客で、僕も友人を通して紹介してもらいました。

新潟をアテンドした時の記事 

http://edwardism3.blogspot.jp/2013/06/blog-post_12.html


 

メンターとは、簡単に言うと

「人生の転機で悩んだ時に的確なアドバイスをくれる人」のこと。

「人生を導く師」という意味です。

 

メンターとは、悩みがなくともできるだけ機会を作って
コミュニケーションを取ることを心がけています。


そして、自分が日頃感じていることや、
自分の体験などを積極的にシェアしています。

 

経営者にはメンターが必要だという話は、
本やセミナー等で聞いたことがあると思います。

 

後継者として会社に入って苦悩していたとき、いろんな本を読んだり、

成功した経営者がどのように成功していったかという

伝記のようなネット記事をたくさん読みました。

 

そこで、知ったのは、

ほとんどの経営者にメンターがいること。

その存在が経営者人生の中で、
とても重要だったと言っていることでした。

以前の私は悩みを相談したり、困っていることを人に話さずに、
自分で解決しようともがくだけで、あまり人に相談しませんでした。 

ただただ、がむしゃらに働いて、
前向きな気持ちでがんばっていれば解決すると思っていました。


しかし、成功している人にもメンターや、相談相手がいるのに、
若造な自分にいないのは問題だと思い、メンター探しが始まりました。


そして今のメンターと出会いました。

以前からお世話になっている人もいれば、
著名な作家などまだ会ったことのない人もいます。
(今はこの方には会えました!) 

 

ある人が言うには、
がむしゃらに努力したり、一生懸命に動いている時、

メンターが現れるのだそうです。

今は悩んだ時はできるだけメンターに会いに行き、

話を聞いてもらいます。

 

高い志とビジョンをもって、

オリジナリティあふれる魅力的な人生を送っているメンターと話しているだけで、

悩みを解決するアイデアや、
クリエイティブなアイデアがどんどん浮かんできます。

 

ただ同じ空間にいるだけで学びがあって、

メンターがいなければ、今の自分はないな~と思います。

 

あなたにはメンターがいますか?

あたなにとって、どんなメンターが理想的でしょうか?

 

ぜひ、じっくり考えてみてください。

 

ちなみに、メンターと良好な関係を構築したり、
継続したりするにはポイントがあります。


それは、受け身にならないこと
 

自分だけが受け取ってばかりでは、人は離れていきます。

 

自分からも与える、貢献する姿勢をもつ。

どんな小さなことでもいいのです。
そうじゃないと、フェアじゃないと思います。

 

ぜひ、いいメンターと出会ってほしいと思います。

メンターについては、また書きます。