このまま挑戦しない人生の方が怖い

先週の5日間、本田健さんの八ヶ岳での合宿に
初めてトレーニーとして参加し、
合宿セミナーの運営のサポートをさせて頂きました。
正直、ここまで濃い時間となるとは、
想像していませんでした。

 

自分の現在地がはっきりとわかり、
運命と宿命のラインが見えました。

 

このラインをどう動かすのか。
これからの行動次第。

 

怖さとワクワクが入り交じった感覚。
正直、かなり精神的にきついですが、
ここにしっかりと向き合うことが、

今は必要なんだと思います。

本田健さんの八ヶ岳での合宿はどのようなことが行われているのですか?」

という質問を頂くことがあります。
一言で表すのは難しいので、
以前もこのブログで紹介した

ユダヤ人大富豪の教えⅢ 〜人間関係を築く8つのレッスン
この本を読んでいただくようにしています。
ここで書かれているようなセミナーが行われています。

すごくおすすめの本で、以前に記事も書きましたので、
ぜひこちらも読んでみて下さい。

2代目、後継者にオススメの本 

*****************************

***************************** 

インスピレーション

今日、メンターと話したくなりメンターのオフィスに電話。
ちょうど不在で、5時頃に折り返しできると秘書の方。
 

ーーー1分後

メンターから携帯に着信が。

メンター 「今、移動していて、ちょうど松本君に似た人を見かけてね。
     これは電話しろってことかな。と思い、電話したんだよ。久しぶりだね」
 

 「・・・・・・。えーーーーー!
  今、ほんの1分前にオフィスに電話したところなんですよーーーー!」
 

メンター 「またまた、嘘でしょう。。。。ほんと??」
 

こんなやりとりがありました。
驚きと同時に、直感とか、
インスピレーションとかってやっぱり大切なのかもと感じました。
 

理屈ではYesだけど、自分の気持ちがNoの場合は、
Noの選択の方がいい結果に繫がったなんてことはありませんか?
 

理屈では説明できないけど、Noな気分なんだよな。
というような「直感」は、実は結構信用できるんじゃないかと思いました。
 

もっと自分を信頼しなさいというメッセージかもしれませんね。

あなたは最近、直感的に何かを感じたことはありますか?

*****************************

 

***************************** 

Asia Unity 第二ステージ開始!

IMG_4738

(写真は私も関わっている新潟県青年海外協力隊を育てる会の活動です。
おもちゃを集めています。)

Asia Unityが遂に第二ステージに突入しました。
11月のプレ出航に向けて、続々とメンバー同士のコミュニケーションが進んでいます。

私は初期クルーとして、コミュニティ運営リーダーを担当。

オンライン上、オフラインにおいて、
メンバーの全員のコミュニケーションの円滑化、
向上などをコーチの力も使ってサポートしていきます。

普段なかなか出会えない経歴の強者が、日本各地、
海外からも駆けつけていよいよキックオフミーティングも開催されます。

ここからまた動き出しますね。

2015年に控えている本出航で作り出される世界。

2020年には五輪も決まり、
これからますます日本と世界との関係が深まっていきます。

Asia Unity のビジョンも、
もっと多くの方と共有していきたいと思います。

日本と世界との関係が深まる中で、
あなたはどんな未来を子供達や次の世代に見せたいですか??

これは僕自身にも、常に自分に問いかけている質問です。

世界を視野に入れて活躍する仲間が、
もっと増えていくと嬉しいです!

 

教え子が世界選手権に出場!

Judo Geath

青年海外協力隊時代の教え子が、

なんと先日まで開かれていた柔道の世界選手権に出場しました!

Facebookに投稿されていた写真を見たときは、驚きました。
なんと、井上康生監督とツーショット。

頭の中では、「んっ!??」と、若干混乱しました。

なんせ、出会った時は、線も細くひ弱だった教え子が、
堂々とした面構えで井上康生監督と立っているのですから。

去年久々に再開したときも、変わらずに練習に励み、
チームメイトに活を入れる姿は、僕が教えていた当時と
何も変わらない姿でした。

外務省の研修でヨルダンに滞在していた友人も、

彼は強いだけでなく、周囲にも優しい好青年でした。
いつも道場へ行くと直ぐに駆け寄って来て、挨拶をしてくれたのを覚えています。

という話をしてくれました。

これをお互いに目指していたのです。
世界に出て、活躍することを。

彼らの強い意志は、僕がいなくなった後も、
しっかりと燃え続けていたのですね。
コーチとして、感無量な瞬間です。 

会って直接おめでとうと言うことは、なかなか難しい距離ですが、
来年にはまた会いにいければと思います。
 
これからも、もっともっと強く逞しく成長していってほしいです。

中学校での講演

3ヶ月に一回ほど、社会貢献活動の一環として、

小学生から、ご年配の方々までを対象に、世界について特にアラブについて
わかりやすく、楽しく知れる講演として市民向けにお話しさせて頂いています。

いつも変わらず伝えるメッセージは、

・語学は大事だけど、多文化理解力とコミュニケーション力が重要

・一生懸命になれることを、一生懸命にやる(中学生向け職業講話などで)
・グローバル時代に必要な4つのスキル

・現地に住む人々の素朴でリアルな一面
(アラブ各国、コソボ、ボスニア、ティモール、インド、カンボジア等々での体験を踏まえて)

・家族の大切さ (特にイスラム世界で、家族の大切さに気付かされました)

です。

今までに新潟県内の小学校から、中学校、神奈川県内の大学、

地元のロータリークラブから一般向けセミナーや講演会などなど、
新潟だけでなく、山形など県外でも定期的に講演させて頂いています。

http://www.event-watcher.com/event/P11430.html

http://n-sojocv-najirane.com/act_report.html

いつもご依頼頂き、ありがとうございます!!

内容は様々で、しかも対象も小学生〜ご年配の方々までと幅広いので、
聴講者の年代や興味に沿って、毎回アレンジさせて頂いています。

先日、中学時代の恩師の学校で、講演をさせて頂き、
その感想をもらいました。

伝わっていないかもな〜と、不安も少しあったのですが、

多くの素晴らしい感想を頂くことができて、とても嬉しかったです。

今回は、名前は伏せて、感想部分だけならOKとの許可を
いただきましたので、
少しシェアさせて頂きます。

【感想1】
講演会、難しい内容かなぁ?と思っていました。けれど、外国でかつやくしている松本さんのお話を聞いて、チャレンジや興味を持つことの大切さがわかりました。これが苦手だからなどと考えず、いろんなことに関心をもってみようと思いました。やりたいことなどをしっかり見つけて、自分なりの自分だけの生き方を見つけていきたいなぁと思いました。

 

【感想2】
今日はお忙しい中来ていただいてありがとうございました。外国のことをよく知らない私でも、とてもわかりやすかったです。写真を使って説明しているのがよかったです。たまにおもしろいジョークがはいるのがとても良かったです!!!本当にありがとうございました。

 

【感想3】
たっくさんの体験をした方で、とてもやさしかったので、せつめいはとても分かりやすかったです。松本さんの話を聞いていると、こっちも少しでいいから外国に行ってみたいと感じました。とってもたのしい話、思い出が、こっちまで笑顔にしてしまう講演だと思いました。

僕的には、感想2の子の、ジョークが良かった!!!という部分が、

なぜかめちゃくちゃ嬉しかったです。

中学生にもウケること言えた、
自分に万歳です!

中学時代は全くウケとれなかったのですが・・・。

感想3の子も、ほんとありがとうございます!!
涙でちゃいますね。

遠い世界。

戦争があって怖い。

一生交わることがない、テレビの中だけの世界。

こんな風に感じている方が圧倒的多数だと思います。

この生徒さん達も、話を聞く前はそうでした。
でも、私の話を聞いた後は、この気持ちが少し変化します。

あなたが感じている世界との心の距離を1ミリ、前に進めます!

来月は、初めて高校生向けの講演を引き受けることになりました。
高校生だけというのは初めてなので、すこし緊張しています。

これをきっかけに、少しでも世界に興味をもってもらえれば
嬉しいです!
予定が合えば随時講演は受け付けておりますので、

もしご興味がある方はご連絡ください!

(県外もOKです!)

ビジネスもとても大切で、面白いのですが、

こうして僕が今まで体験してきたことをシェアさせて頂き、

少しでも広い視野をもって人生が動き出す人が一人でも増えれば、
とても嬉しいです。

あなたは、何を世の中に発信したいですか?

社会貢献活動として、これからも時間の許す限り、
お話していきたいと思います。

 

最近多いのは

現役バリバリの経営者や、
起業したての社長とのコーチングをする機会を持たせてもらっています。

どんなことをしているんですか?

と、聞かれることもありますので、

少しお話したいと思います。
現役バリバリの経営者や起業したての社長に関わらず、

皆さん、それぞれに何らかの課題を抱えている方が多いと思います。

僕の場合は、抱えていらっしゃる課題に焦点を当てて話すだけでなく、

強みと思いをお聞きします。
そこから、職場の人間関係や、部下や同僚に対する思いと
現状などをお聞きします。
私の役割は、「聞く」ということです。
そして、クライアント自身の内側にある思いを引き出すように、質問していきます。
私が感じたことを率直にフィードバックさせていただくこともあります。

クライアントが無意識に発している言葉や癖などを
フィードバックすることもあります。

基本的にはこのような流れでコーチングセッションを行います。

大体、ここまででほとんどの方は、今後自分がどうしていきたいのか、
ご自身で気づいて行動していきます。

その後、その方に、どんな変化があったのかを聞くのが一番の楽しみです!

 

最近コーチングをする中で、特に感じていることがあります。

それは、忙しくなると強みを見失ってパワーの漏れが生じ、
本来の力を発揮できない人が多いということです。

無意識に自分の型にはまってしまい、
身動きが取れなくなっている状況の方も大勢いらっしゃいます。
また外的環境に流されて、自分が本当にしたいことから
いつの間にか遠ざかってしまい、自分を見失っている方もいます。
これは、忙しさや日常に意識が集中しすぎて、
自分自身に、特に自分の感情に向き合えていないからということが多いです。
忙しいとき、厳しい状況の時、多くの方は、
行動で物事を変えようとします。
私もそうでした。
無理矢理に改善策を導入したり、
新しい事に取り組んでみたり、
一人で考え、周りの意見を聞くことなく、
自分の意見を無理矢理通す。
後ろを見ずに、ただ前へ突き進む。
行動がすべて。

 

社員や、他の役員などの主要メンバーに怒りをぶつけてしまい、
関係がぎくしゃくしてしまうことも多々ありました。
立ち止まったら終わりという意識で突っ走っている人は、
私と同じようなタイプだと思います。
中には、頭が真っ白になり、何も考えられない。
行動のアイデアも出ない人もいるかもしれません。
また、自分はもう駄目だ。どうしようもない、、、と、
落ち込んでしまう方もいるでしょう。
自分と向き合うことができていないと、
なかなか前に進むことができません。
本を読んだり、自分でもやれることはいろいろあります。
しかし、一人で解決しようとすると、
泥沼にはまってしまいがちです。
あなたは、誰かに思いを聞いてもらっていますか?
自分の思いや悩みは、自分だけのものではなく、
周りの人も同じようなことで悩んでいることが多いです。
まずは、身近な人に自分の心の内を、
話してみてはいかがでしょうか?
きっと、少し気持ちが楽になると思いますよ。

あなたが変わるきっかけになる、コーチからの質問

僕はコーチとのセッションの中で、多くの質問を投げかけられました。
そして、それはその都度、とても深く考えさせられるものでした。
多くの質問の中から、一つエピソードを交えてお伝えしたいと思います。
「松本さんが、未完了になっていることは何ですか?」
前に進めない、調子があがらないのは、未完了になっている事が多いから。
・あれも言わなければいけない、これも取り組むべき。でも何も取り組めていない
・役員間で話しあいたいことがある。けど、なかなか切り出せない
・あのアイデアについてのフィードバックをまだもらっていない。
聞きに行くべき?それとも、待つべき?
2代目や後継者、経営者の方は、
多くの未完了になっている事を抱えているのではないでしょうか。
僕もそうでした。
未完了になっている事を一つ一つ片付けていこう!
なんてすぐにできたなら、楽ですよね。
未完了が完了するにつれ、気持ちがすっきりし、
次のステップへ進んだ体験を何度も経験しました。
かつての僕とコーチとのやりとりを紹介していきます。
ぜひ皆さんには、僕とコーチとのやりとりを、
自分に重ねながら読んでみてください。
(松本さんの部分をあなたの名前に置き換えてみて下さい)
おそらく、読んだだけで、未完了のいくつかは完了できるようになると思います。
※未完了の定義として具体的なものは、やろうやろうと思っていて、できていないもの。
気がかりではあるのだけど先延ばしにしている事。人間関係などにおいて触れたくない、
ほったらかしの状態の事などがあげられます。
コーチ:「松本さんが、未完了になっていることはありますか?」
松本:役員間で話しあいたいことがいくつかあります。
しかし、なかなか切り出せません。
   来期の方針や、新規事業などです。将来を見据えた上で、
   役員間で意識の共有をしたいと思っているのですが・・・。
コーチ:「そのほかにはありますか?」
松本:僕が話したアイデアのフィードバックをもらっていない。
   営業の提案がまだ終わっていない。
   品質管理の仕組みについて打ち合わせの日を決めていない。
   など、まだまだたくさんあります。
コーチ:たくさん出てきましたね。今言っていただいたことや、
    それ以外にも出てきたことを書き出してくみてださい。
    その中で、真っ先に取り組めるそうなことはありますか?
松本:フィードバックをもらうことはすぐにできます。
   しかし、自分が考えたようなフィードバックがもらえるか
   どうかわからないので、気が乗りません。
   そもそも、なぜ、あっちから返事してくれないのでしょう。
コーチ:そうですね。松本さんの気持ちもわかりますよ。
    松本さんが行動し、そのフィードバックをもらうことで、
    何を手に入れることができますか?
松本:まず気持ちがすっきりすると思います。
   そして、フィードバックの内容が、いい悪いに関わらず、
   意見を聞けたことで次に進むことができると思います。
   そして、次回も同じような状況があった場合、
   フィードバックを早くもらえるようにするには、
   どんな事をすればいいかのきっかけを作れると思います。
コーチ:一度に3つも手に入れられることがでてきましたね。
    また、その行動が次の行動にもいかされる部分もありますね。
    実際に、どのように取り組んでいきましょうか?

 

松本:そうですね。道が開けるし、次に同じような状況になった場合の
   対応策についても考えることができそうです。
   この一つの行動だけで、3つも同時に手に入れることがあるなんて
   気付きませんでした。
   気が乗らない気持ちはまだ消えませんが、
勇気をもって行動してみようと思います!
   あと、他にもたくさんの未完了な事がリストアップできたので、
   一つ一つ片づけていこうと思います!
このようにコーチングが進んでいきました。
今でも定期的に、未完了になっていることを書き出すワークに取り組んでいます。
これができるようになってから、
未完了なことを以前よりもサクサク進めることができるようになりました。
あなたには、未完了になっている事がありますか?

パーティーへの招待状

神田昌典氏出版15周年記念パーティーにお招きいただきました。
お招きいただきました。

 

こういうパーティーは、初めての経験でした。

 

花柳流の師範による舞があったり、
フロアがいっぱいになるほどの来場者。
交わされる魅力的なお話の数々。

 

桂由美さん、勝間和代さん、本田健さん、有名出版社長さんなどなど、
多くの方がご来場なさっていました。

 

新しくオープンするオフィスも、素晴らしい建物で、
ここに人が集い、斬新なコンセプトが発信されていくと考えるとワクワクしますね。

 

どれも今まで体験したことのないもので、盛況でした!

 

今年、あなたはどんなパーティーを開きますか?
そこには、どんな方々がいらっしゃっていますか?

 

僕も年末、大きなパーティーを自分が開くイメージをもって、
あと5ヶ月を過ごしていきたいと思います。

Asia Unity募集スタート!世の中に出る時をむかえて

IMG_6449
自分を取り巻く世界が動き出しました。
やっと、そのスタートを切ります。

 

ついにAsiaUnityの募集もスタート。

(現在こちらのサイトは閲覧できません)

僕自身も深く関わるこのプロジェクトで、
コミュニケーション・リーダーとして
円滑なプロジェクト進行とメンバーのエンパワーメントをサポートしつつ、
自身のテーマを研究していきます。

 

ヨルダンから帰国して早6年。

後継者として、地元に帰ることになり、 

もう、世界を舞台に仕事するなんてできないと思っていた時期もありました。
夢をあきらめ、
現実を受け入れきれず、
俺は何しているんだろうと途方にくれ、
全てを投げ出したい衝動に駆られた日も数え切れないほどです。

 

友人が起業したり、世界を舞台に仕事したり、
海外に赴任したり、メディアに取り上げられたり。

活躍している友人・知人をうらやましがっていただけの自分から卒業です。

 

継承した会社は、財務は良好。
業績も順調。
自身のプロジェクトも法人化。

 

素晴らしいメンバーと新しい未来を作るプロジェクトに参画でき、
大きな流れを生み出し、
本来の自分の姿で世の中に出ていく時を迎えました。

 

こんな日が来るとは、夢にも思わなかった24歳の時。
家族のためと新潟に帰ってきたあの日。
父を亡くし、失意と悲しみに暮れていた数年間。

 

家族や友人、コーチやメンターなど多くの方々に支えられ、
やっとここまでこれました。

 

そして、私自身もコーチとして多くの方と関われていることに、
喜びを感じています。

 

まだこの先に何があるかわかりません。
でも、自分の気持ちは、もうぶれない。

 

そして、もう一人じゃない。

 

こんな気持ちになれたことに感謝し、
恐れること無く、
侮ること無く、
おごること無く、
ただひたむきに、
一歩を踏み出します。

 

感謝。
 

HOLSTEE マニフェストへの共感

NYにある、HOLSTEEという会社のマニフェスト(宣言や宣言書の意味)。
共感を呼び、ネットで話題になり、
再生回数は100万回以上。
私は以前、クライアントから教えて頂きました。 

特に好きなのが、この部分。

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい。
そして、その人達にあなた自身の夢も語りなさい。

 

その他の日本語訳はこちら。

 

-HOLSTEEのマニフェスト-日本語版
 
これはあなたの人生です。
自分が好きなことをやりなさい。
そしてどんどんやりなさい。
何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。
人生をかけて愛する人を探すのなら、
それもやめなさい。
その人はあなたが好きなことを始めたときにあらわれます。
考え過ぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。
すべての感情は美しい。食事をひと口ひと口味わいなさい。
新しいことや人々との出会いに、心を腕を、そしてハートを開きなさい。
私達はそれぞれの違いで結びついているのです。
自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい。
そして、その人達にあなた自身の夢も語りなさい。
たくさん旅をしなさい。
道に迷うことで新しい自分を発見するでしょう。
ときにチャンスは一度しか訪れません。
しっかりつかみなさい。
人生とはあなたが出会う人々であり、その人達とあなたがつくるもの。
だから待ってないで作りはじめなさい。
人生は短い、
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

 

自分のまわりの人々が何に情熱を傾けているかを聞くのは、
とても素晴らしいことですし、
自分の夢も語ることは、すごく重要なことだと思います。

 

年齢を重ねるにつれ、情熱をもって話をしたり、
夢を語ったりということが少なくなってきている方、
全く情熱をかけられるものが見つからない方もいるでしょう。
 
一方、いつになっても情熱的に夢を追いかけている方、
すでに夢を叶えて、次のステージを冷静に探している方もいるかもしれません。

どんなステージにいる方でもできることが、

 

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい。

 

なのではないでしょうか。

 

ぜひ、心を開いて、自分の感性の赴くままに、
誰かの情熱や夢の話に耳を傾ける機会を作ってみてはいかがでしょうか。

 

人生は短い、

 

そう、人生は短いのです!

 

あなたは、どんな人の情熱や夢を聞いてみたいですか?

あなたは、誰に自分の情熱や夢を聞いてもらいたいですか?