コミュニケーションタグ

幹部を変えるたった一つの視点

こんにちは、松本です。

昨日は、

幹部が一気に成長した時の成果とは?

について書きました。

まだの人は、こちらも読んでみてください。

→ 幹部が一気に成長した時の成果とは?

経営にとって、人財はとても大切です。

そして、人財が成長していくことで、

業績も大きく変わります。

では、どうすれば、

幹部と良い関係を構築するだけでなく、

一気に成長軌道までもっていけるのか?

ポイントは、

  • 社長が長期視点を持つ、語る
  • 幹部や社員との接点を複数化する
  • 一人一人の特性を知り、その人に合ったリーダーシップ能力の開発の手助けをする
  • 出来ているところを探し、伸ばす
  • 初めの一歩をお互いに共有し、確実に行ってもらう
  • ライフとワークの両方の目標を立てるサポートをする

ざっとあげただけでも、
6つでてきました。

今日は、

  • 社長が長期視点を持つ、語る

について、お伝えします。

あなたは、10年、5年、3年、1年と、

長期的な展望をどれくらい意識して

仕事をしていますか?

先日もある懇親会で、

「長期的な視点を持つことって難しいです。
特に10年なんて考えられない、、、」

という話を聞きました。

10年はちょっと長すぎる

と感じる人もいるかもしれません。

時代も、環境も、情勢も変わるから、

立てられない、、

という声も聞きます。

しかし、私は10年を意識して

長期プランを立てることをお勧めしています。

そのためのサポートをしています。

そのときに、一つ外してもらいたい

マインドセットがあります。

それは、

毎年描く10年後は変わってもいい

ということです。

長期的視点を持っている。

長期的視点で考えている。

ということが重要なのです。

その通りならなくてもいいですし、

変わってもいい。

持つことが大切なんです。

長期的視点を持って、

今に集中する。

  • 10年後に向かっていく、階段を設定する
  • 積み上がっていく実感を持つ行動を選択する

これがとても大切なんです。

もしあなたが部下の立場になったとしたら、

10年後って、会社やビジネスってどうなっていますかね?」

と社長や上司に質問して、

「そんなのわからん!」

なんて、素っ気ない態度を取られたら、

この人について行って大丈夫か・・・?

と不安になると思うんです。

なので、長期的視点を持つことの意味として、

「不安を抱かせない」

ということも背景にあります。

実際に、クライアントとは、

毎年10年後を考える機会を持ったり、

質問を投げかけたりしています。

最初はうまく言葉にならない場合が多いです。

しかし、何回も考えていると、

次第に10年後に対して自分のプランや、

意思を持てるようになるんですね。

そして、それを幹部や部下に語るのです。

次回は、

では、どんなふうに語るといいのか?

3Tの法則!

をお伝えしますね。

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

松本

※ メルマガを始めました

ブログでは書けないこともシェアしています。

不定期で募集する無料相談もメルマガ読者を

優先させていただいていますので、

登録してくださいね。

こちらから登録できます ↓↓↓

松本興太のメルマガ

※ より気軽に質問したい場合はLINE@にて

【Line@無料プレゼント】
稼ぐ仕組みと任せる仕組みを変える‼️推薦図書15選」

🎁無料プレゼント🎁
★登録★
⬇︎プレゼントを受け取る⬇︎

➡️Line ID: @vwi5858e

友だち追加

※ シェア歓迎です!

このブログがお役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら、
ぜひシェアしていただけると嬉しいです。