幹部を変えるたった一つの視点

こんにちは、松本です。

昨日は、

幹部が一気に成長した時の成果とは?

について書きました。

まだの人は、こちらも読んでみてください。

→ 幹部が一気に成長した時の成果とは?

経営にとって、人財はとても大切です。

そして、人財が成長していくことで、

業績も大きく変わります。

では、どうすれば、

幹部と良い関係を構築するだけでなく、

一気に成長軌道までもっていけるのか?

ポイントは、

  • 社長が長期視点を持つ、語る
  • 幹部や社員との接点を複数化する
  • 一人一人の特性を知り、その人に合ったリーダーシップ能力の開発の手助けをする
  • 出来ているところを探し、伸ばす
  • 初めの一歩をお互いに共有し、確実に行ってもらう
  • ライフとワークの両方の目標を立てるサポートをする

ざっとあげただけでも、
6つでてきました。

今日は、

  • 社長が長期視点を持つ、語る

について、お伝えします。

あなたは、10年、5年、3年、1年と、

長期的な展望をどれくらい意識して

仕事をしていますか?

先日もある懇親会で、

「長期的な視点を持つことって難しいです。
特に10年なんて考えられない、、、」

という話を聞きました。

10年はちょっと長すぎる

と感じる人もいるかもしれません。

時代も、環境も、情勢も変わるから、

立てられない、、

という声も聞きます。

しかし、私は10年を意識して

長期プランを立てることをお勧めしています。

そのためのサポートをしています。

そのときに、一つ外してもらいたい

マインドセットがあります。

それは、

毎年描く10年後は変わってもいい

ということです。

長期的視点を持っている。

長期的視点で考えている。

ということが重要なのです。

その通りならなくてもいいですし、

変わってもいい。

持つことが大切なんです。

長期的視点を持って、

今に集中する。

  • 10年後に向かっていく、階段を設定する
  • 積み上がっていく実感を持つ行動を選択する

これがとても大切なんです。

もしあなたが部下の立場になったとしたら、

10年後って、会社やビジネスってどうなっていますかね?」

と社長や上司に質問して、

「そんなのわからん!」

なんて、素っ気ない態度を取られたら、

この人について行って大丈夫か・・・?

と不安になると思うんです。

なので、長期的視点を持つことの意味として、

「不安を抱かせない」

ということも背景にあります。

実際に、クライアントとは、

毎年10年後を考える機会を持ったり、

質問を投げかけたりしています。

最初はうまく言葉にならない場合が多いです。

しかし、何回も考えていると、

次第に10年後に対して自分のプランや、

意思を持てるようになるんですね。

そして、それを幹部や部下に語るのです。

次回は、

では、どんなふうに語るといいのか?

3Tの法則!

をお伝えしますね。

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

松本

※ メルマガを始めました

ブログでは書けないこともシェアしています。

不定期で募集する無料相談もメルマガ読者を

優先させていただいていますので、

登録してくださいね。

こちらから登録できます ↓↓↓

松本興太のメルマガ

※ より気軽に質問したい場合はLINE@にて

【Line@無料プレゼント】
稼ぐ仕組みと任せる仕組みを変える‼️推薦図書15選」

🎁無料プレゼント🎁
★登録★
⬇︎プレゼントを受け取る⬇︎

➡️Line ID: @vwi5858e

友だち追加

※ シェア歓迎です!

このブログがお役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら、
ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

幹部が一気に成長した時の成果とは?

ss

 

こんにちは、松本です。

 

  • 幹部が育っていない
  • 幹部にリーダーシップ、マネジメント力が足りない
  • 社長のビジョンや思いにあわない幹部がいる
  • 任せられる幹部がいない

 

など、幹部に言えない悩みは、

多くの社長が抱えています。

 

実際、私も後継者時代はとても悩みました。

 

 

社長だけでなく、

3名の幹部へのコーチングでそれぞれに月1回、

電話会議をさせていただいているクライアントから、

喜びの声をいただきました。

 

 

クライアントは一気に幹部が成長し、

 

  • 個人目標の過去最高売上を支援後3ヶ月で達成したり
  • 年上部下との関係を再構築し、より自発的に行動するチームに変容させたり
  • 会議も短時間で意見をまとめられる力を身につけたり、、、

 

あげればきりがないのですが、

めまぐるしい成長をされています。

 

 

社長も、

 

  • すごく社内が活発になってきている
  • 社長として僕が言いたいことが、伝わっている実感がある。だから、社内の動きが速い

 

と感じられ、

 

「ビジョンの浸透が一気に進んだ」

 

とおっしゃっていました。

 

 

経営にとって、人財はとても大切です。

 

そして、人財が成長していくことで、

業績も大きく変わります。

 

では、どうすれば、幹部と良い関係を構築するだけでなく、

一気に成長軌道までもっていけるのか?

 

そのあたりは、またシェアしますね。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

 

松本

 

 

※ メルマガを始めました

ブログでは書けないこともシェアしています。

不定期で募集する無料相談もメルマガ読者を

優先させていただいていますので、

登録してくださいね。

 

こちらから登録できます ↓↓↓

松本興太のメルマガ

 

※ より気軽に質問したい場合はLINE@にて

【Line@無料プレゼント】
稼ぐ仕組みと任せる仕組みを変える‼️推薦図書15選」

🎁無料プレゼント🎁
★登録★
⬇︎プレゼントを受け取る⬇︎

➡️Line ID: @vwi5858e

友だち追加

 

※ シェア歓迎です!

このブログがお役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら、
ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

 

 

クライアントの出版記念講演@大阪

【クライアントの出版記念講演@大阪】

 

2019年9月19日
クライアントの大村社長の出版記念講演が
開催されました。

 

クライアントの晴れ舞台。

 

私は司会と、出版社の編集者、営業の方を交えた
対談のモデレーターも担当させていただきました。

 

大村さんのお人柄も相まって、
和やかな時間となりました。

 

参加された方からは、

 

「財務のお話しも楽しかったですが、出版された経緯や、原稿仕上げるまでの裏話を実際携わった幻冬社の担当者さんを交え対談方式で聞けた事は感動でした。」


という感想をいただきました。


弊社が関わったクライアントの出版は、
2例目となります。

 

稼ぐ仕組みと任せる仕組みの支援の過程で、
ご縁があったり、必要性があったり、
チャンスがある場合は積極的に出版を後押ししています。

 

今後もこういうケースが増えそうです!

 

 

講師もしゃべるが、参加者がもっとしゃべる

f:id:K_oneplanet:20180115091152j:plain

顧問先企業での6ヶ月にわたる研修が進んでいます。

ワークショップ形式で
主体的に参加して頂くために
アクティブラーニングを取り入れたスタイルで行っています。

  • 社員をもっと知りたい
  • 成長を応援したい
  • 若手を育成したい

というのが今回の社長の思い。

研修で達成したいこと、
目標地点と要望の確認を行い、
個別対応で研修を仕上げます。

 

研修 → 課題の提出 → フィードバック → 振り返り → 仕事・日常業務 → 研修

 

この繰り返しをまず3ヶ月続けます。

社員の皆さん全員と課題のやりとりやフィードバックを行うため、
研修単発で終わるのではなく、
全体をコーチングするような感覚です。

 

参加している社員の皆さんが、
回を重ねる毎に、
集合が早くなるのはありがたいことです。

 

昨年は百戦錬磨のプロ講師に帯同させて頂き、
みっちり半年以上、
上場企業案件に参加させて頂きました。

 

自分の至らないところだらけだったですし、
迷惑をさんざんかけながらも、
70名以上の参加者の前で公開コーチングの貴重な機会も頂きました。
(あれは冷や汗が止まらなかった)

 

ここでの経験、体験がなかったら、
このスタイルの企業コンサルティングは出来ていないと思います。

コンサルティングで関わらせて頂いてから3年以上経ち、
安くない金額にもかかわらず、
企業のステージが変化しても関わらせて頂けてありがたい限りです。